ディジィー


ぞす。
映画で見るような
1950年代とか、60年代とか言われる時代でしょうか。
一応カラーだった。
俺は自分が誰なのかよくわからなかったけど
親友のディジィーは黒人の男性だった。
周りの皆も白人・黒人が混在していたので
きっと俺もそのどちらかだろう。
俺も皆も40~50歳ぐらいで
学生時代の同じクラス会か何かで集まっているようでした。
思い出深い場所
それは木々に囲まれた広場で
姉夫婦と子供2人と一緒に
そこに向かいました。
いつの間にかそこには到着していて
皆でバーベキューをしてました。
懐かしい話をして
うまいものを食べて
とにかく楽しかった。
だけど突然敷かれたレールに
警報機が鳴り出し
地元の電車がやってきた。
危ないから行くなと言うのに
ディジィーは聞かなかった。
とうとう俺とディジィーとの間には遮断機が下り
いつの間にか他の皆も遮断機の向こうにいた。
電車はやってきて
ディジィーも皆も
一様に「行かなければならないんだ」と言った。
そして皆行ってしまった。
俺は涙を流しながら
何度もディジィーの名前を叫んだ。
***
…っていう夢を今朝見まして。
汗びっしょりだわ、目から涙が出てるわ
かなり鮮明だったので、覚えてる部分だけメモっとこうと思いましてw。
ディジィーって誰よ
って突っ込み入れたくなりますが
親友ですw。
「ディジィ―――(´Д`)―――!!!!!」
って何度も叫んでました。
相当なマブダチだったかと。
夢らしいな、と思ったこと。
まだ結婚してない姉夫婦にもう子供が2人いまして。
1人はよくわからんのですが、
もう1人は5歳ぐらいの女の子でお父さん(姉上の旦那様)に良く似ていました。
「思い出の場所」にたどり着くといつの間にかいなくなってしまうのですけど。
あとは、「思い出の場所」への道程が、実家の近くによく似ていたことと
最後にやってきた電車が流山電鉄だったことですかねw。
夢だけに
意味するところは全くわからないうえに
読んでる皆様へのオチの提供も不可能なわけですが
支離滅裂なのは起きてても寝てても変わらねぇ、とw。
‘`,、(´∀`) ‘`,、
さて、仕事しよう。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。