広告分析01


ぞす。
作ったカレーを食いすぎて腹が痛い!(´Д`;)
ひよろですw。
えーと
仕事メモです。
いたるところにある「広告」について、
キャッチコピーとか、ビジュアルとか、両方とか、
何か見ちゃうとか、気になっちゃうとか、
そんな広告を取り上げて
その広告がどのような意図で作られたのかを考えてみようというお話。
あくまでも俺の独断と偏見に基づいて書いたものなので、
正しいとか正しくないとか、おかしいとかおかしくないとか、
お暇な方はコメントくださいませ。(´ー`)b
【asics】


陸上競技ブランドとして贔屓にしてるasics。
地下鉄駅構内にこんな感じで貼られまくってました。
キャッチコピーが小さすぎて見えなくなってますが、詳細内容は以下。

「これは、製品づくりよりもイメージづくりを優先している製品ではありません。
理想はプロダクトに表れる。アシックス。」

■ターゲット
・スポーツ愛好者。
・性別問わずだが、絶対数から見て男性寄りか。
・キャッチコピーで使ってる言葉の内容を考えると10代後半~40代前半ぐらい?
…うーん、絞れないw。
■キャッチコピー
キーワードを挙げて分析してみる。
・「製品づくり」と「イメージづくり」
「製品」はユーザのニーズがあるからこそ生まれるもの。
「イメージ」は、企業(asics)に対してユーザが持つもの。
それぞれ「づくり」であることから主体は企業。
前者の対象がユーザであるのに対し、後者の対象は企業自身。
・「ありません」(否定)
敢えて否定形にすることで、強調しているのだと考える。
この時点で、企業の主張が
「ユーザのニーズを満たす『製品づくり』を優先している」
ということがわかる。
以下は会社の同僚Sさんから出た言葉だけど一応メモ。
「ありません」は「断言」である。
断言する内容は、その対象にとって一般的(わかりやすい・メジャー)な内容であることが必要。
なおかつそれを否定していることから、
メジャーなのは「イメージづくりを優先したもの」であると考える。
セリフにすると
「巷に溢れる『イメージづくり優先』に対して、ウチは『製品づくり優先』だけど、何か?(´ー`)」
「イメージづくり優先のもの」=「メジャー」とするあたり、
遠まわしではあるが競合への対抗意識が見えるような。
・「理想」
主体はasicsであることから
「asicsの理想」=「ユーザのニーズを満たすものをつくること」=「製品づくり」
であると考える。
・「プロダクト」
直訳すると「製品」だが、ここでは意味を分けて
「プロダクト」=「asicsがつくるもの」
全部まとめると、
「asicsはユーザのニーズを満たすものをつくりまっせ。(´ー`)ノ」
■ビジュアル
多めのホワイトスペースに、
asicsが展開する様々なスポーツのシューズと、それを包むツヤツヤな何かw。
存在するのはこの2つのみである。
何でこのビジュアルなのかを考えてみる。
・製品オンリー
キャッチコピーのところで、言いたいのはasicsの製品がどんなもんかってことだけだから
ビジュアルとして出すのも製品だけでいいと考える。
真っ白な空間のど真ん中にどーん
ってのは、目立つ。
・バリア?
かなり怪しい解釈だけど
巷に溢れる「イメージづくり優先のもの」とは違うんだってことを
ビジュアルでも言いたいのかな、と。
周りとは違うことを、
ウチのは違うってことを、
ツヤツヤした何かで包むことで差別化をしてる
そんな気がしました。
以上を全てまとめると
上に貼り付けた広告になるんだ!
と思うんだけど、どうかなー。(自信ないw
まあ
こうしてblogのネタにすることで、
嫌が応にも考えて書くという習慣を付けるのが目的でござい。
しかしながら
国語はニガテです。(´A`)

2 Comments

武人。

なるほど、キャッチコピーはそういう意味なのか・・・
1回読んだだけじゃ、頭弱い俺には理解不能やったw
ビジュアルもどう繋がってるのか不明。。。
俺なら、足に履いてフィットして機能性が良いようなイメージで作るけどなぁ~

Reply
hiyoro

>竜ちん
いえ、あくまで俺の解釈です。
そんでもって俺も全然わからんくて、数時間考えてますよw。
ビジュアルねえ、やっぱりあの解釈微妙な気がするんですよねえ。。。
「フィット」って履いた人にしかわからないから、
外からの見た目でわからせるのは難しいかも?
コメントどもでした!(゜∀゜)b

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。