@千葉県選手権2010


ぞす。
思えばキャリアだけは長い陸上競技人生。
小学校5年から始めて、社会人1年半のブランクはあるものの、約18年。
その18年の中で、実は標準記録を突破しないと出場できない大会には、
出たことがありません。
初めて標準記録を突破して出場できた大会。
じゃじゃーん。(゜∀゜)
そんなわけで感動を噛み締めつつ走ってきたわけです。
10年ぶりに両親まで呼んでしまいました。我ながらどんだけ興奮してんのよw。
会場で久々にezawa氏がビデオ撮ってくれたので、
その準備なんかができるまで、もったいぶって結果や記録は詳しく書かないつもりだったんですが、
無駄に仕事の早い千葉陸協(pdf)のおかげで当日夢敗れましたw。
気を撮り直して動画晒し。
■予選

いや、大失敗w。
正直ね、ビビってたんです。
去年の結果見てるとアホみたいに皆速すぎだし。
というところで最初からすっ飛ばして大恥かくのを恐れるあまり、
1周目200m過ぎからケツにつくという消極的極まりないプレイ。
強風でホームストレートが向かい風という状況が更にそれを助長させ、
600m地点でもなおスパートがかけられないという、
オマエはレースやる気があるのかと自分でツッコみたくなるぐらいなヘタレ。
650mあたりから徐々に上げ始めて、
ラスト100mで2位に上がって先頭を追うも、時既に遅し。
スパートかけたタイミングの差で
完 敗 orz
全くもって不完全燃焼で終わった…
終始スローペースでタイムも2’03″07。
凡どころか結構ヒドいタイム。
と、思ったらですね、
mori氏が声をかけてくれて、
どうやら先頭の人が失格で繰上決勝進出したと。
Σ(゜Д゜)
前回の記事でyama氏がコメントしてくれてますが、
おそらく最初の100m過ぎにオープンレーンになるのを、
100m過ぎる前に内側入っちゃったもんで残念!
といったところでしょうか。
タナボタとしか言いようが無い決勝進出。
予選通過タイムもほぼ最下位。
両親にしっかりダメ出しをいただき、
しかしながら心は再燃してきました。
決勝8人中、6位までが関東選手権の出場権が得られます。
ここまできたら、何がなんでも2人はやっつけて関東に行かなきゃ。
せっかく父上母上が見に来てくれt
なんて今更過ぎる思いを胸に、決勝に続く。
■決勝

800mまでは、決勝でレーン紹介があるので好きです。
なんかカッコいいじゃないですか。
選ばれた戦士たちって感じで。
走る前に「俺カッコイイ(´-`) y-~~」に浸れる時間です。
俺が呼ばれたときに拍手してくれてるのが父上母上です。ありがたい。
んでスタート。
やっぱりスローペース。
みんな温存しまくり。
1週目3位通過。
ペースが上がる。
ここでまた失敗。
怖い。
力を使い果たして
最後に潰れるのが怖い。
怖くて、バックストレートで上がるペースについていけない。。。
ってのをやってるうちに最終コーナーの渋滞に巻き込まれて、
前に2人並んでるせいでスピードも上げられず。
スピードを殺された後で再度仕掛けて
6位までの切符を5・6・7番目の3人で争いましたが、
抜いた1人に最後に抜き返されて、7位。
orz
これは
これは悔しすぎる。。。
でも、負けた原因ははっきりしてるんです。
怖がってたら、そりゃ勝てないわ。
何が何でも、という気持ちが足りなかった気がします。
またもヘタなレースをしてしまいました。。。
仕事とか仕事とか仕事とか、イイワケはいくらでも思いつくんですが、
イイワケしても関東選手権には行けませんorz
ていうかビビってた割に、
多分、決勝の4位以降の人は力の差はほとんど無かったんじゃないかと。
俺は、あの中でも戦えてたじゃないか。
2’02″25
タイムは悪いけど、
トップを除いてみんな2分は切れてません。
位置取り、駆け引き、ラストスパートで勝負を決める。
これが勝負レース。
完 敗 orz
応援してくれた皆さま、ありがとうございました。
これに応えて
来年は関東選手権
行くぞぉい!(´Д`)ノ