寝ギライな理由

ふと。

俺は、寝るのがあまり好きではありません。
正確に言うと「寝る」という動作に移るまでが好きではありません。
ちなみに二度寝は大好きですw。

好きではないことは前々からわかってたんだけど、
どうしてだっけ?てのを考えたことが無かった。

んで
今日、ふと、わかったんです。

中学生ぐらいまで持ってた喘息。

思い返してみると、

寝られなかった記憶がたくさんあるわけです。
息が苦しくて、とても寝るどころではない。
なのに起きていることは許されず、
ただ苦しさに耐えて布団の中にいなければならない。

おお、これは苦痛だw。

旅行に行くのもあんまり好きではなかった気がします。
場所が変わると空気も変わる。
喘息の発作は気温と気圧が下がる夜に起きやすい。

寝られないわけです。
なんでこんな苦しい目にあわなければならないのか、と
何度枕を濡らしたことかw。

きっと、意識の深いところで、
「寝る」と「苦しい」が結びついてしまったのだと思います。

それが今でも残っていて、
寝ることをしたくない。
眠気が限界に来るまで寝たくない。
そんな気持ちにつながっているのかなと。

喘息の発作はおそらく幼稚園か小学校低学年ぐらいまでがピーク。
だんだんと治っていったのですが、
中学の部活でも発作が起きてヒューヒュー言いながらjogしてたのを覚えてます。

それが

今ではこんなに強くなりました +。:.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+゜

喘息の克服。
もう10年近く発作は起きていないし、
薬も飲んだ記憶がない。

寝ギライ、少しずつ治したい。

27年生きてきて、なんとなくはわかってたんだろうけど、

今日、やっと

「あっ、そうだったんだ。」

って思った。

不思議な日よのう。(゜Д゜)

2 Comments

AYP

うちの兄も喘息酷かった・・・入院とか結構してたし(@_@)
今は元気だけど、何となく状況は分かる・・・。
私もその気があったらしく、時々、病院で吸入してたの覚えてます・・・。
強い子になって良か(*^_^*)

Reply
hiyoro

おお・・・
俺は入院までは行かなかったので、比較的症状が軽かったんですね。
とはいえ、息ができないに近いので、ありゃ苦しいです。orz

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。