泥カンその1

伊豆行ってきました。

10/14(金) 会社を午後ブッチもとい早退して、鈍行3時間半の旅。
熱海よりももっと南、
ハトヤで有名な伊東よりも更に南、
伊豆稲取です。

新幹線はどうしたという声が聞こえてきそうですが、
使っても結局1時間短縮で料金は倍!

庶民な俺は余裕の鈍行選択でした。まずは道連れにしたh氏に謝りたいw

で、どうして伊豆稲取かってーと、

東伊豆クロスカントリー

これ。
大自然のランを満喫して更に温泉浸かっちゃおうという、贅沢な旅。

というわけで東京を出発して3時間半。時刻にして21:30。伊豆稲取到着。

宿は23:00チェックインで朝メシのみ。
途中ガマンできなくておにぎり3つ食べたけど、
伊豆の魚介を堪能しない手はありません。

駅前の一丁 ※音が鳴ります注意

サイトからして昭和の色がステキに残ってますけど、
ここはうまい。
魚とか魚とか魚とか。マジオヌヌメ。

チェックイン時間が迫ってきたのでお愛想して宿に向かいました。
iPhoneが宿まで距離1.5kmを示したので余裕で歩けるっしょとか思って出発すると、
勾配が半端ない坂道で悶絶。
iPhoneは高低差まで出してくれなかった。’`,、(´∀`) ‘`,、
ここでもh氏に謝りたいw

息を切らしながら宿に着くと優しげなマスターが迎えてくれましたが、
歩いてきたと言ったらだいぶ驚かれた。
俺は汗だくの自分に引いた。

***

10/15(土)

雨。
まじか。

ステキな朝メシを堪能していると、
横殴りかつ滝のような雨。

大会本部に開催の是非を聞こうと電話するも誰もでない。
よくよく見ると町役場の電話番号らしい。
土曜は休みなんだろうなきっと。

意味無いだろう、それ。

風雨は一向に収まる気配を見せない。
けれどスタート予定時間は刻々と近づいてくるのでここは決断を下さねばならない。

仕方ない、行くか!

タクシー呼んで行こうとしたらマスターが車出してくれました。
OK来年も来ます。

プチホテル稲取リゾート

駅から歩いて行くのは若干大変だけど、ランナーな皆なら行けますきっと。
距離は1.5kmだけど100mぐらい上ってるんじゃねーかなw

癒し系のマスターは笑顔がステキ。
朝メシだけ付いてるプランでしたが
金目鯛の味噌汁とか出てきちゃってやばい俺これからレース(´∀`)

大会会場に着くと人がたくさんいたのでやっぱり開催するんだろうなということで心が決まりました。
幸いにして雨が一刻よりはマシになってきたので、
金目鯛を力の限り消化しつつアップに励む!

雨風は強くなったり弱くなったり。

結局15分遅れで5kmの部スタートしました。

つづく。

2 Comments

hayashi

小さい頃、10年くらい伊豆高原に行っていました。稲取は、バナナワニ園?バイオパーク?あったっけ。
その宿、ちょっといいですね。
つづき楽しみw

Reply
hiyoro

>センセ
10年ぐらい伊豆高原??住んでたんですか??
なんとセレブな!(´Д`)
宿はフツーに泊まるとやっぱお高めですね。
レイトチェックインで朝だけいただくコースが安くてオススメです。

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。