嗚呼サロマ

嗚呼サロマ

「新婚旅行どこにすっかー」

サロマでいいんじゃね?」

「えっ」

サロマ湖100kmウルトラマラソン

海外のフルマラソン一緒に走りたいねーなんて話もあったのだが、ボストンマラソンのテロがあったりしてやめようということになっていた。

何故フルマラソンよりも距離が伸びているのか。

6月なんてモロにトラックシーズンなので、1日の練習走行距離は合計5km程度、長くても10km。
100kmに向けた準備は全くしない状態で臨んだ。

2015.06.28号砲。

ちょっと100km走ってくる。

スタート

若干小雨がパラつく中スタート。ずっとイェーイしか言ってない。

20km地点

掲示は時刻。
既に脚が重くなって残り80kmという事実に絶望。

42.195km地点

脚がかなり痛い状態でやっとフルマラソンの距離を通過!もはやなんのためにあるのかわからない掲示。
そして残り60kmという事実に絶望。

60km地点

散歩で行ったなら本当にキレイで清々しいところなのに、何故俺たちは走っているのか。。。
6’40/kmの速度がやっとの状態なのにフルマラソンの距離をもう一度走らなければならない事実に絶望。

80km地点

ワッカ原生花園エリア突入。10km行って10km折り返す殺人コース。
既にワッカの折り返しを終えて爽やかにゴールへ向かうサカヤさんから

「あと20km!」

と非人道的な激励をされて絶望。

ここはマジで何もない。果てしなく続く同じ景色とアップダウン、それに冷たい風。
ホントにツラい。

もうツラすぎて、爽やかなはずのウグイスのさえずりにすら煽られてるような腹立ちを覚える。

ウグイス「ホケキョ!!」

俺「うるせぇこの野郎wwwww

準備不足はあるとはいえ、おそらく体質的なところもあって、
もともとの筋肉が硬いために長距離を走ると色んなところに痛みが出てどうしようもない。
特に足裏とケツ、腰が痛くて一歩ごとに歯をくいしばる感じ。

歩いたり走ったりを繰り返して、老若男女色んな方々に抜かれていくのを観察していると、
皆一様に脚をほとんど上げないスリ脚走行。靴を引きずるようにして走っていて、
アレがダメージを最小限に抑えられる走り方なのかと感心した。。

終盤は痛みの具合が

歩く>>>>>>>走る>>>止まる

歩くのが一番痛いというわけのわからない状態になって仕方なく走るwww
80km時点では嫁さんの方がキツそうだったと思ってたのに
90km以降で覚醒したかのようにピンピンしだして俺が置いていかれるwww待ってwwww

ゴール

ワッカ到達付近でキツすぎて一瞬タイムオーバー(制限時間13時間)も覚悟したけど、どうにか滑り込んだ。

サロマ湖100kmマラソン 11:37’06
祝\(^o^)/完走

7~10時間でゴールしていた仲間もみんな待っていてくれた。うれしい。

最初はサブ10(10時間切り)なんて普通にできると思ってたけど全然とんでもなくて
これは別のスポーツだと痛感した次第。

そのあと

ゴール後、ピンピンしている嫁さんに対して、
自分は体じゅう痛い上に力が入らなくて、立てない、座れない(´Д` )

でも腹は減ってしょうがないので宿に戻ってからロキソニン投入して肉食いに行ったわ\(^o^)/

嫁さんは既に来年走っても良い気分になっているようだけども、俺は…保留w
とりあえず3日経過して日常生活には支障が無いレベルに回復したので10日後の800mに向けて再始動。

サロマ出場のみなさまおつかれさまでした\(^o^)/

そして運営に撮影していただいた渾身の1枚

嫁さんがサロマンブルーゼッケン(10回以上完走)のおじいちゃんにすり替わっていた。

いくらなんでもこれはwwwww

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

Co-Goods スマホカメラ望遠レンズ

Co-Goods スマホカメラ望遠レンズ

百聞は一見にしかずということで、以下、実際に使用して撮影できたもの。なおスマホはiPhone 12 mini。

だいたい20〜30m先の対象をかなりアップで撮影できる。スマホ側に光学ズームが付いていれば更にズームできる。細部の輪郭がどうしてもブレやすかったり虹っぽい色になっちゃうのは安さ(購入時約2,500円)なりで、散歩にちょっと持ち歩いて、普段なら近寄らせてもらえない動物を撮影するのには十分!値段以上の価値を感じることができた。

Amazonでは似たような商品が乱立していて、どれを買えばいいかわからないし失敗したくない…ということでかなり時間をかけてリサーチした。辿り着いたこの商品は、紹介文の日本語がしっかりしていて(これ大きい)、販売元が岡山の会社だったので信じてみることにした。

結果、アタリだったと思う。

(↓2枚目と4枚目が動画)

望遠ゆえに動画だとブレが出やすくなるが、手ブレ補正が付いてるスマホなら解消できるのかもしれない。

一眼レフカメラを買うには値段もアレだし重さやお手軽さがちょっと…という点を見事すぎるぐらいにカバーしてくれたと思う。

対して撮影が難しいのが夜間。

iPhone12 miniだとナイトモードで撮影できるのだけど、ちょっとでも動くとブレた写真になってしまうので、三脚使ってスマホを固定した上で、更に動かない対象(例えば月とか星)の撮影ならいけるのではないかと思う。

記事投稿時点では真冬で夜間の撮影が辛すぎるのでもう少し暖かくなったら試して追記するw

購入する