悪魔と天使を見た日

激しく自業自得ではあるんですが
インターネッツの世界で
黒い感情をぶつけられる事態に遭遇し
「人間ってなんて下らない生物なんだ!」
てな感じでのたまってたりする
マンガやゲームの中のちょいとキレた敵キャラみたいな考えに共感し
自身も黒い感情が湧いてヘコんでいたところ
今宵は母方の一族の集会です。
マレーシアにいる叔父さん家族が帰省したため
従兄弟たちとも2年ぶりぐらいの再会となったのです。
いやもうビックリですよ。
コレ
↓コレですもん。

デジカメいじりに没頭するK太(2歳半)。
お母さんに抱かれてアーウー言ってた子が
「ママ(゜Д゜)」
「イヤ(´Д`)」
とか言うわけですよ。
K太の兄のK樹(5歳)なんかは
2、3歳ぐらいの時に結構遊んでやったもんですが
俺のことなんか完璧に忘れてやがって(無理もないかw)
ちょっとショックでしたが
そこは俺のウデの見せ所。
紙飛行機を一緒に折るという友達プレイで
K樹のハートはもうガッチリキャッチです。

スタンドK樹を肩車してジョジョ立ちを試みるも重心の関係で上半身の角度付けは断念。
いや、もうヤツラの笑顔の可愛いことったら。
ちょっとパパになった気分でしたわ。

itsupinオリジナルランニングTシャツ販売

オススメ品

ナイキ エア ズーム ペガサス 37

ナイキ エア ズーム ペガサス 37

ペガサスシリーズは練習だけじゃない、通勤にもカジュアルにも使える。たぶん、ここ10年で一番多く履いているシューズ。

ペガサス35→36に変わったとき、シューズ自体が軽くなった代わりにソールも薄くなり、ジョグのときにも少し硬さを感じた。

35と36なら間違いなく35派。ペガサスに求めているのは軽さじゃない。軽いシューズならペガサスターボもあるし、速く走りたいならヴェイパーフライ履けばいい。俺がペガサスに求めているのは優しさなのだ。

ペガサス37は35寄りに戻っている。ペガサスに求めているのはこれだ。ジョグ、距離走、軽めのペーランやインターバル、ナガシ、そして通勤w

レース以外のどんな時にも使える万能シューズ。

ソールの厚みや傾斜が増えていることもあってか、感覚的にはズームフライにも近いように思える。プレートなんぞは入ってないはずなのだが、ソール全体が張っているような感触もある。ペガサスは33から履いてるけど37はこれまでで最高の評価をしたい。38も楽しみだなあ。

楽天で購入

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください