いんたばるこわい

もう治ったんですけどねw。

スピード練習恐怖症でした。
あんまり走りたくない。

何故かってのを考えてみたら、
ここんところ大会続きで、練習量が落ちてたから。

練習自体は調整のみなので楽チン★
あとは大会当日に一生懸命やればいいだけ!

てのが1ヶ月ほど続いてたので、
ほとんどインターバルなんぞやらなかったわけですね。

で、
レースラッシュに一息ついたのでそろそろやんなきゃー、
と思いつつも、やりたくないキモチもだいぶ。。。

まあ、いきなりキツいことやってもカラダがもたなくてツラいばっかりなので、
軽めのやつから再開しました。

汐入公園往路3.2km 14’30
550m×5(間550m jog)
 →1’31 1’30 1’28 1’28 1’25
汐入公園復路3.2km 15’30

軽め、とはいえ結構ダメージが残りました。
だるーい(´Д`)
なんだけどキモチイイw。

やっぱり俺はこうでなきゃ。

トラックシーズンのフィナーレへ向けて頑張ります。

明日はリリース日。出勤です。
今までのプロジェクトに比べて余裕を持ったスケジュール。
なんだかんだで帰りは遅かったけれど、ココロの余裕は多かったように思います。

俺自身は全然ダメダメなんだけど、
プロジェクトメンバーのみなさまに支えられて、
明日リリースしやす。

こわくないこわくない。

オススメ品

IRONMAN CLUB ピラティスポール IMC-54

IRONMAN CLUB ピラティスポール IMC-54

対腰痛アイテム

ピラティスポール(ストレッチポール)は、自分にとって腰痛の治療アイテムである。

ダッシュやバウンディングなどの負荷が高めの運動をした翌日なんかに腰痛を発症することが多くて、かつてやっとの思いで獲得した福岡国際マラソンの資格も、この腰痛が始まりで棄権せざるをえなかったときもあった。

今でも腰痛はおきるけど、このポールがあれば大丈夫。

ヒザを上下に動かして仙骨まわりを伸ばす!!
ヒザを上下に動かして仙骨まわりを伸ばす!!

長く同じ姿勢を続けて仙骨まわりが固まると痛みが出るので、可能な限り頻繁にポールに乗る。頻繁に乗る。

乗ったら両膝を曲げて両カカトを合わせるような形にして、その状態でヒザを上下に動かす。これにより仙骨まわりの筋肉(なのか関節なのか)をストレッチしていく。

両ヒザを床に向けて動かしたタイミングで仙骨が前に押し出されるような感覚で繰り返す。

と、いい感じになった。

だいぶ前から持ってるんだけど記事にするのを忘れてて、

  • 2021年2月23日:バウンディングする
  • 2021年2月24日:朝腰痛発症→朝・昼・夜に3分ずつポール乗る
  • 2021年2月25日:痛みほぼ消失

ちょうどこんなことがあったので書いた。

腰痛にはピラティスポール(ストレッチポール)!!

※個人的にはストレッチポールと呼んでるんだけどAmazon上の商品名がピラティスポールなのでやむを得ず併記

※記載の内容は個人の感想ですw

購入する

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください