地震と日常

その時、32階のオフィスにいました。

かなりの揺れ。
地震があるたびに、

「ここが倒れるようなら全部ダメだ」

と母さんが実家のマンションを指してよく言ってたのを思い出して、
いつもそう思うことにしてました。

それのおかげで気持ち的にはなんとかもちました。

テレビの映像や
緊急地震速報の音に、
鳥肌が立つぐらいの恐怖や悲しみを覚えたけど、

いま、被災地で頑張ってるたくさんの人達を思うと、
自分が感じた恐怖や悲しみなんて全然たいしたことはない。

普通にご飯が食べられて、
普通にお風呂に入れて、
普通に仕事ができて、
普通に好きなことができる。

日常に感謝して、
少しだけ傾いた自分の日常を立て直して、

何ができるか考える。

とりあえずは

願って
節電して
募金かな。

***

足立SC往路4.4km 18’00
4000m 3’50/km
100m流し×3
懸垂3×3
足立SC復路4.4km 18’00

走り終わって、買い物して、0:30。
電話が鳴って、
飲んだくれのキングとsaitoさんがウチの前で待ち伏せしてた。
べろんべろんの彼らが面白くて、
怖さがちょっと吹き飛んだ。

ありがとう。

ちゃんと帰れたかなw

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

IRONMAN CLUB ピラティスポール IMC-54

IRONMAN CLUB ピラティスポール IMC-54

対腰痛アイテム

ピラティスポール(ストレッチポール)は、自分にとって腰痛の治療アイテムである。

ダッシュやバウンディングなどの負荷が高めの運動をした翌日なんかに腰痛を発症することが多くて、かつてやっとの思いで獲得した福岡国際マラソンの資格も、この腰痛が始まりで棄権せざるをえなかったときもあった。

今でも腰痛はおきるけど、このポールがあれば大丈夫。

ヒザを上下に動かして仙骨まわりを伸ばす!!
ヒザを上下に動かして仙骨まわりを伸ばす!!

長く同じ姿勢を続けて仙骨まわりが固まると痛みが出るので、可能な限り頻繁にポールに乗る。頻繁に乗る。

乗ったら両膝を曲げて両カカトを合わせるような形にして、その状態でヒザを上下に動かす。これにより仙骨まわりの筋肉(なのか関節なのか)をストレッチしていく。

両ヒザを床に向けて動かしたタイミングで仙骨が前に押し出されるような感覚で繰り返す。

と、いい感じになった。

だいぶ前から持ってるんだけど記事にするのを忘れてて、

  • 2021年2月23日:バウンディングする
  • 2021年2月24日:朝腰痛発症→朝・昼・夜に3分ずつポール乗る
  • 2021年2月25日:痛みほぼ消失

ちょうどこんなことがあったので書いた。

腰痛にはピラティスポール(ストレッチポール)!!

※個人的にはストレッチポールと呼んでるんだけどAmazon上の商品名がピラティスポールなのでやむを得ず併記

※記載の内容は個人の感想ですw

Twitterでフォローしている方が「腰痛」というワードを出した瞬間にこのページのURLをリプするBOTになるぐらいにはオススメしている。

購入する