アナザーシゲキ

センゴはどうにか暫定東京選手権の標準記録4’12を切れている。ということで今週末またセンゴなんだけど800寄りの練習で過ごす。

9/2(月) 家の周り

4km jog
215m×3 r215m 1’30
29″8 30″3 30″3
4km jog
ペガサス33

久々の直線215。過去にこれで軽い肉離れもしているがこの日はどうにか無事だった。

翌日以降足裏の筋肉痛になった。効果は抜群だ!
ツナギ練習の日も、少ないながらもスピードを出す練習は取り入れていきたい。

9/3(火)

OFF

9/4(水) 舎人公園

3.5km jog
ドリル
100mナガシ×2
600m×2 r600m
1’36″6 r5’28
1’34″6 r5’52
200m×3 r200m 1’40
31″1 30″2 29″2
ヴィクトリー3
3.5km jog

600mは余裕を残し気味にできたらいいなー

という妄想は1本目で崩れ去り、2本目でカラダの限界を迎えた/(^o^)\
…ので、200m×3で埋めた。

300mや400mでもない1000mでもない600mという距離。ずっとやってなかったけど体に入る刺激の種類が違う感じがした。

特段の強みが無い人間なのでまんべんなくやるのが良さそうな気がしている。

土曜日のセンゴは気負いなくやりたいが、4’10を切っておきたい気持ちもある。

まあなるようになるw

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

IRONMAN CLUB ピラティスポール IMC-54

IRONMAN CLUB ピラティスポール IMC-54

対腰痛アイテム

ピラティスポール(ストレッチポール)は、自分にとって腰痛の治療アイテムである。

ダッシュやバウンディングなどの負荷が高めの運動をした翌日なんかに腰痛を発症することが多くて、かつてやっとの思いで獲得した福岡国際マラソンの資格も、この腰痛が始まりで棄権せざるをえなかったときもあった。

今でも腰痛はおきるけど、このポールがあれば大丈夫。

ヒザを上下に動かして仙骨まわりを伸ばす!!
ヒザを上下に動かして仙骨まわりを伸ばす!!

長く同じ姿勢を続けて仙骨まわりが固まると痛みが出るので、可能な限り頻繁にポールに乗る。頻繁に乗る。

乗ったら両膝を曲げて両カカトを合わせるような形にして、その状態でヒザを上下に動かす。これにより仙骨まわりの筋肉(なのか関節なのか)をストレッチしていく。

両ヒザを床に向けて動かしたタイミングで仙骨が前に押し出されるような感覚で繰り返す。

と、いい感じになった。

だいぶ前から持ってるんだけど記事にするのを忘れてて、

  • 2021年2月23日:バウンディングする
  • 2021年2月24日:朝腰痛発症→朝・昼・夜に3分ずつポール乗る
  • 2021年2月25日:痛みほぼ消失

ちょうどこんなことがあったので書いた。

腰痛にはピラティスポール(ストレッチポール)!!

※個人的にはストレッチポールと呼んでるんだけどAmazon上の商品名がピラティスポールなのでやむを得ず併記

※記載の内容は個人の感想ですw

Twitterでフォローしている方が「腰痛」というワードを出した瞬間にこのページのURLをリプするBOTになるぐらいにはオススメしている。

購入する