欲しかった余裕

欲しかった余裕

実家にいるボナもとうとう10歳を迎えた。ツンデレぶりは健在。神経質な性格が災いして無駄にストレスを多く感じていそうなのでちょっと心配な年齢になってきたかなー。

そしてだいぶハデなやつにやられましたな。幸い我が家には被害は無かったけども風雨の音がひどくて3〜4回は目が覚めたような。Windyアプリはキレイというかコワイというかそんな少し複雑なビジュアルを見せてくれた。

9/9(月) 福祉村

3.5km jog
ドリル
100mナガシ×2
400m×6 r200m 1’30
69″1 67″1 69″8
68″5 69″3 68″9
rest 5′
200m×3 r200m 2′
30″2 30″4 30″1
3.5km jog
ペガサス33

割合的には少ないながらもレースに向けた調整と、レースそのもの、そしてその翌日あたりまで練習量が減る。

その減った量をカバーするような位置づけでの400m×6なんだけど、どーにも毎回余裕が無い。70秒を切って余裕を残した状態で終えたいというのがイメージなんだけど70秒かかる回がある上に余裕もない。

さて今日もどうかと思ったら少しカラダが動いた。動きすぎて67″1が出てしまったのでやりすぎた。最終的に余裕は無かったのだけどこれは2本目で調子に乗ったせいであるw

ラスト1本を速く走る必要は必ずしもない。

フォームを崩さず余裕を持って終える。これで次の練習にも疲労をあまり残さない状態で取り組める。故障もきっとしにくくなるはず。

って書いてるとなんかいい感じに思えるんだけど6本やりきれたことで嬉しくなって200m×3とかホントに余計だったwwwwwツナギ練習でこんなにやる必要無かったかも/(^o^)\

考え方としてはこれでいきたいのだけど行動がなかなか伴わないというお話。

仕上げ

嫁さんと行き帰り一緒にjogするんだけど帰りのペースが4’40/km切ってて、正直これが一番ツラかった。

曰く

最後まで気を抜いちゃダメ

仰るとおりです/(^o^)\

(ポイント練習後ばりにヘバっている)

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

木曽工芸 足うら思い

木曽工芸 足うら思い

在宅勤務ということで、仕事しながらケアとかできたら一石二鳥じゃないかと思ったのが始まり。

仕事しながら足裏にシゲキを与えまくり、足底をほぐしまくれば足裏から血行が良くなって末端冷え性も改善したりするんじゃないか・・・?という希望を込めて導入してみた。

この記事は導入2日後なので、長期的な効果については後日記載するとして、とりあえずの感想としては見た目通りトゲトゲの突起が鋭いので結構痛いw

が、逆に適度な痛みで意外と集中力がもつ、気がする。適度な重さがあって、座った状態で上から足を載せてゴロゴロしても本体がズレない。そしてお上品なヒノキ製なのでなかなかオシャレだ。

デスクワークが多い方にオススメしたい。

購入する