はじめてのところ

はじめてのところ

9/5(日) 彩湖

24.1km 2:08’52 5’21/km
ペガサス37

彩湖5周24km ゆっくりでも5周はキッツイ
彩湖5周24km ゆっくりでも5周はキッツイ

埼玉県民ながら嫁さんが行ったことのなかった彩湖へ。

道幅もコースも広くて飽きないのでとってもいいところだと思う。言うなれば路面をウレタンにしてくれたらサイコーなんだけどまあ無理よねw
福祉村をはじめとして、2km前後のコースならウレタン舗装のところもよく見るけど、さすがに5km弱となると道幅を狭めても費用が莫大なんだろうなあ。。。

いつも一緒に走っても長くて20kmなので今日も4周で終わりかな、と思ってたところで3周終了時点で

「あと2周したい」

って言われて自分で勝手に設定したゴールをズラされて絶望したw

ゆっくりだったので5周なんとかなったよ!

どん曇りだったけどおかげで涼しい
どん曇りだったけどおかげで涼しい

夏がもう終わったかのような気温で先週の奥武蔵よりもむしろ涼しかった。あんまり宿泊しに行けないので、週末は身近なところで行ったことのない場所を開拓していく形にシフトしはじめている。

たのしい。

9/6(月) 福祉村

3.5km jog
400m×6 r200m 80″
71″7 – 69″5 – 70″6 – 69″5 – 70″8 – 68″8
5.4km jog
ズームフライ3

ブルガリアンスクワット 16kg 15×3
ケトルスイング 16kg 20×3

400m×6 r200m 80″

意外と前日の24kmの疲れも無く、珍しくよく眠れたのでカラダが動いた。痛みのある箇所が無いわけではないが、速い動きも徐々に入れていきたい。

9月はワクチン2回目もあるから、レースは10月になんか出られたらいいかなーぐらい。

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

ロジクール トラックボールマウス MX Ergo

ロジクール トラックボールマウス MX Ergo

通常のマウスだとデスクの端に到達したときにわざわざ本体を持ち上げて移動させるのが煩わしい

というところから始まった俺のトラックボール生活。気づけば10年以上のトラックボールユーザー。使う場所を選ばないトラックボール最高である。

何年も使っているM570の1台がとうとう故障してしまったので後継機を買うか上位モデルを買うか悩んだ結果、毎日使うものだし・・・と上位モデルに手を出してみた。

ボールの感度も回しやすさも問題なく、ストレスフリーで操作できる。MX Ergoのウリの1つである20°の傾斜角度。これも絶妙で腕のねじりが軽減される。

正面から見るとわかるが金属のプレートが付いていてボディ側の磁石でくっつくようになっている。このプレートがいい感じの重量もあって、動かす必要の無いトラックボールをよりどっしりとさせている。

プレートは取り外せるし取り外すと軽くなるので持ち歩きにも便利かな、と思ったけど、取り外した状態だと本体が安定せずグラグラしてしまう。チョイ重だが持ち歩くときはプレートも一緒に。まあそもそもトラックボールは持ち歩くことはあまり考慮されていないものだろう。

乾電池式からバッテリー式に変わっているので、バッテリーの持ち具合が少し心配になるところだが、それは長く使ってみてからまた追記していきたい。

また、このマウス1台でPC複数台にまたがって操作できるらしいのだが、今はPCが1台体制なので増えたときに追記する。

20°の絶妙な角度
20°の絶妙な角度
手を置くとこんな感じ
手を置くとこんな感じ
購入する