生存報告

金曜日。
朝から既に体に異変を感じ、
出社すると前回書いた「体の芯の痛み」がますますひどくなり
更に寒気もしてきて
たまらず早退。
ママンから帰還命令が発令され、実家に帰還。
今日まで寝込んでおりました。。。
病院行ったんですが
症状はというと、前述の寒気と痛み、つまり発熱によるもののみ。
発熱の原因が何なのか不明なので、そもそもこの体調不良の原因も不明。
風邪の諸症状は無いし、
食欲もお通じも普通なので食中毒でもない。
ニンジンのせいじゃなかったw。
そんな感じで38度台の熱に1日うなされたら、治りました。
まあ実家でしこたまエネルギーと救援物資を仕入れてきたので、大丈夫です。(´∀`)
明日はRJKのクレイジーランニング。
足立SCの500m走路を80週(40km)するという、まさにクレイジーなイベントです。
さすがに病み上がりの40kmは自殺行為以外の何者でもないので自重して途中、
ていうか最後の方だけ参戦、な予定。
3歩進んで2歩下がる。
時には下がることも必要です。
丁度狙ってる試合も近い日には無いし、
ここらで一旦下がっておきましょう。
また1歩1歩。(´ー`)

オススメ品

ナイキ エア ズーム ペガサス 37

ナイキ エア ズーム ペガサス 37

ペガサスシリーズは練習だけじゃない、通勤にもカジュアルにも使える。たぶん、ここ10年で一番多く履いているシューズ。

ペガサス35→36に変わったとき、シューズ自体が軽くなった代わりにソールも薄くなり、ジョグのときにも少し硬さを感じた。

35と36なら間違いなく35派。ペガサスに求めているのは軽さじゃない。軽いシューズならペガサスターボもあるし、速く走りたいならヴェイパーフライ履けばいい。俺がペガサスに求めているのは優しさなのだ。

ペガサス37は35寄りに戻っている。ペガサスに求めているのはこれだ。ジョグ、距離走、軽めのペーランやインターバル、ナガシ、そして通勤w

レース以外のどんな時にも使える万能シューズ。

ソールの厚みや傾斜が増えていることもあってか、感覚的にはズームフライにも近いように思える。プレートなんぞは入ってないはずなのだが、ソール全体が張っているような感触もある。ペガサスは33から履いてるけど37はこれまでで最高の評価をしたい。38も楽しみだなあ。

楽天で購入

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください