意外と走れている。

WindRunの練習会でした。
トラック組はペース走組とインターバル組に分かれて行うんですが、
インターバル組でやろうと思ったら俺を含めて2人しかおらず、
もう1人はトラックのインターバル練習が人生初というD氏。
というわけでここは1つ、
僭越ながらコーチングなどさせていただきました。
・・・つっても相手のペースにあわせて一緒に走るだけですけど・・・。
すいませんコーチらしいコーチじゃなくてw。
D氏と走りつつ、
ペース走組に混ざったり、
変則的な練習をしてました。
「とりあえず皆と走った」みたいなw。
400m×6
ペース走3000mぐらい
んで最後に1000mのTT。
特別ゲストとして来ていた元箱根ランナーT氏と激闘しました。
彼は今日の練習で既に12000m走ってたことや、
そもそも距離適正が違うこともあって、
今回は勝利!(゜∀゜)
2’41 →400m通過 ’68
入りの400mが’68ってのだけ確認したんですけど、
それでトータルが2’41だとすると、残り600mが1’33。
これはナカナカ良いのでわ?!
最近変わったことと言えば・・・
ウェイトトレーニングかなあ。
来週の平成国際大学、
狙ってみます。
もちろん翌日のスイカも狙ってるけど、
長い距離は自信ないw。

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

ランマーカー チャージ(充電式)

ランマーカー チャージ(充電式)

平日、走るのは常に夜。なぜならば朝起きることができないからだ。

しかし夜走っていると、昼間よりも余計に車やチャリンコとぶつかりそうになる確率が高い。いったんヘッドライトを買って胸に装着してみたりしたけど、煩わしかったり、スピード練習やるときなんかはつけなかったり。

で、いつしか結局つけなくなってまた危ない目に遭うということを繰り返していたわけだが、今はこのランマーカーを使っている。

東京の都心とかだとほとんどいらないかもしれないけど、埼玉県の住宅街だと夜はそれなりに暗いので自己主張は絶対に必要。こちらから見えるかどうかということよりも、当たったら死んでしまう可能性のある車側にこちらの存在を認識してもらうほうが重要である。(というか車はライト点いてれば見える)

何よりめんどくさくない。軽い。でもって充電式なので電池交換も必要ない。明るさも問題ない。

あと細かいけど、マジックテープ式じゃなくて巻き付き式(これ正式名称なんていうんだろう・・・?パッチンバンドでいいのか?)なのも良い。マジックテープ式だとウェアを傷つける恐れがあるので。

  • 車や自転車側に気づいてもらうという目的を達成できる
  • 簡単に装着できてめんどくさくない
  • ウェアを傷つける恐れがない

これがすべてだ!

明るさも問題なし!

肌が弱くて直接腕に巻いて汗をかくと腕が荒れてしまうので、冬は手袋の上、それ以外の季節はリストバンドをしてから腕に巻いて使っている。

点滅モードにすれば主張が強めな上にバッテリーも節約できるので点滅モードがオススメ!

あと、カラーリングも色々あるんだけどオススメは黄色。実は青も持ってるんだけど明るさが明らかに違うので相手からの見え方も全然違う。黄色が一番目立つので黄色にすべし。

購入する