社外セミナー

人生初の社外セミナーを体験してきました。
まあ何が初めてかって、勤務中に外出して誰かの話聞くってことぐらいw。
ネタはwebマーケティング担当者向けの、
エントリーフォームでユーザ離脱を防ぐための施策と商品の説明。
昨日も書いてましたが、
俺の心配事は爆睡しないかどうかということ。(´∀`)
会場のそばのコンビニに寄って、
クールミント系のガムと眠眠打破を購入。
無料セミナーなのに既に500円以上かかっている件w。
セミナーのプログラムは1つ1時間のが3つ。計3時間の長丁場です。
途中休憩はあるんでしょうが油断は許されません。
・・・
・・・
・・・
3時間で十数個入りのガムがほぼなくなってましたが、
まあなんとか耐え抜きました。
1回ビクッてしたけど、一瞬だし1回だし、許せ。←耐えてないw
無料セミナーなので、濃ゆい技術情報とかがあるわけではなく、
そもそもなんで無料なのかって、開催側の宣伝がたくさん入ってるからなんですね。
こんな困ったことありますよね。
こんなこともあんなこともありますよね。
それを解決するのが当社の商品!
こんな感じで。
前回社内で受けたセミナーもそうでしたが、
「無料セミナー」≒「商品宣伝」
という認識が強くなってます。
まあ、無料だししょうがないか。
ともあれ、社外に出てなんかするってのは新鮮で、気分的に有益でした。
出張とかだと気分的にそうもいかないんでしょうが。
さて、
あとはチャロンしてメシ食って最後の調整練習。
30分jog
流し×4
先々週からの自分の軌跡を見てると、
とてもうまい調整とは言い難いですが。。。
まあ、もう明日なんだし、やるしかないっしょ。
ていうか今日だし。(´∀`)
あとは、
「一瞬の風になれ」
の最後の関東大会を読み終わったら完璧っしょ。(゜∀゜)
800m@北区ナイター(と、言いつつ会場は夢の島)。
風、弱いといいな。
天気、曇りだといいな。
涼しいといいな。
目標1’59切り。

オススメ品

IRONMAN CLUB ピラティスポール IMC-54

IRONMAN CLUB ピラティスポール IMC-54

対腰痛アイテム

ピラティスポール(ストレッチポール)は、自分にとって腰痛の治療アイテムである。

ダッシュやバウンディングなどの負荷が高めの運動をした翌日なんかに腰痛を発症することが多くて、かつてやっとの思いで獲得した福岡国際マラソンの資格も、この腰痛が始まりで棄権せざるをえなかったときもあった。

今でも腰痛はおきるけど、このポールがあれば大丈夫。

ヒザを上下に動かして仙骨まわりを伸ばす!!
ヒザを上下に動かして仙骨まわりを伸ばす!!

長く同じ姿勢を続けて仙骨まわりが固まると痛みが出るので、可能な限り頻繁にポールに乗る。頻繁に乗る。

乗ったら両膝を曲げて両カカトを合わせるような形にして、その状態でヒザを上下に動かす。これにより仙骨まわりの筋肉(なのか関節なのか)をストレッチしていく。

両ヒザを床に向けて動かしたタイミングで仙骨が前に押し出されるような感覚で繰り返す。

と、いい感じになった。

だいぶ前から持ってるんだけど記事にするのを忘れてて、

  • 2021年2月23日:バウンディングする
  • 2021年2月24日:朝腰痛発症→朝・昼・夜に3分ずつポール乗る
  • 2021年2月25日:痛みほぼ消失

ちょうどこんなことがあったので書いた。

腰痛にはピラティスポール(ストレッチポール)!!

※個人的にはストレッチポールと呼んでるんだけどAmazon上の商品名がピラティスポールなのでやむを得ず併記

※記載の内容は個人の感想ですw

コメント5件

  • きみい
    2009/08/01(土) 09:08

    といわずに、1’57台を出してくださいな。
    出したら、今度スピード講義お願いします。m(_ _)m

  • きみい
    2009/08/01(土) 09:08

    といわずに、1’57台を出してくださいな。
    出したら、今度スピード講義お願いします。m(_ _)m

  • M
    2009/08/02(日) 00:04

    風も弱かったし、曇りだったし、気温も低かった。
    だがしかしそんなバカな!
    という気がする。

  • itsu
    2009/08/02(日) 00:19

    >きみ㌧
    orz
    >M㌧
    オマエなんか嫌いだw。

  • AYP
    2009/08/02(日) 00:19

    お疲れー。
    私の職業は研修ばかりよ。明日も・・・なので、練習会欠席します(笑)

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください