SQLとRUN

というわけでTwitterやらFacebookやらで既に呟きまくってますが、

Oracle Bronze SQLⅠ

合格しました。
試験の形式がちょっと変わったらしく、

試験時間 120分→90分
出題数 55問→40問
合格ボーダーライン 60%→70%
受験料 15,000円→22,000円

やっぱこの受験料はありえねぇ。orz

まあそれだけに落ちたらシャレにならないので、
それなりに頑張った、つもりです。

70%ボーダーのところ92%取れました。がんばった。

8月末にもう1つ、

Oracle Bronze DBA

てのに合格できれば、
晴れてBronzeの資格ゲットとなります。

はー、給料上がらないかしら。。。(´Д`)

さて、

試験勉強もつかの間の平和。

今週末は日光。

8月21日には墨東陸上。

8月27日には柏の葉リレーマラソン。

なんとか体を戻さなければなりません。

高校陸上の結果をなんとなーく見てたら、
足立区で一緒に走った2人がかなり成長してました。
1人は喋ったこと無いんですが、春の大会で2分ジャストで走ってたかと思ったら、
県大会で1’56、関東大会にまで出場してました。

もう1人は大分仲良くなった子で、会えばかなり喋ります。
2分がどーしても切れない、と言っていて、春の大会で2’00、
県大会では1’59と、やっと切れたようです。
どっかで見たようなケースだw

RJKのみんなも
GAZELLEのみんなも
WindRunのみんなも

なんだか充実した練習やらレースやら合宿やらをこなしていて

日記とか見るたび軽く悶絶w。

力を取り戻す一番の近道は走ることなので、
走ります。

足立SC往路4.4km 17’15
3000m(488m×6周=2928m) 9’12
100m流し×3
懸垂4×4
足立SC復路4.4km 20’00

明日はダッシュ。

オススメ品

ナイキ エア ズーム ペガサス 37

ナイキ エア ズーム ペガサス 37

ペガサスシリーズは練習だけじゃない、通勤にもカジュアルにも使える。たぶん、ここ10年で一番多く履いているシューズ。

ペガサス35→36に変わったとき、シューズ自体が軽くなった代わりにソールも薄くなり、ジョグのときにも少し硬さを感じた。

35と36なら間違いなく35派。ペガサスに求めているのは軽さじゃない。軽いシューズならペガサスターボもあるし、速く走りたいならヴェイパーフライ履けばいい。俺がペガサスに求めているのは優しさなのだ。

ペガサス37は35寄りに戻っている。ペガサスに求めているのはこれだ。ジョグ、距離走、軽めのペーランやインターバル、ナガシ、そして通勤w

レース以外のどんな時にも使える万能シューズ。

ソールの厚みや傾斜が増えていることもあってか、感覚的にはズームフライにも近いように思える。プレートなんぞは入ってないはずなのだが、ソール全体が張っているような感触もある。ペガサスは33から履いてるけど37はこれまでで最高の評価をしたい。38も楽しみだなあ。

楽天で購入

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください