プロ仕様

足立長距離選手権5000m。

まあ人間欲は尽きないもんで。

800mも1500mも今シーズン冴えない結果に終わってしまったんですが、
こうなったら5000mはどうだと。

新兵器Victoryも導入したことだし、
これはいっちょ記録狙って初のスパイク着用5000mで、
俺自身を含めたみんなをギャフンとイワしたろうと思ってたわけです。

ところが
夜勤きたこれ
終電きたこれ
泊まり込みきたこれ

カラダもココロもKO寸前でしたが、
なんとか奮起してレースだけは出てみました。

Victory履こうかどうか迷ってたんです。
脚ができてないのにスパイク履いて5000mは無謀もいいとこ。
強い反発に脚に疲労が溜まって、
「スパイクに走らされて」終わるかもしれない。

結局試合会場にはasicsのNewyork履いてって、
カバンに突っ込んだのはVictory。
試合で使えるのはNewyorkVicotryの二択!

↑重さが3倍ぐらい違うw

Newyork履いてトラックレースてのは明らかにネタもいいとこで。
全然走れてないけど号砲鳴ったら意外と動くんじゃね?
なんて密かな期待を胸に結局Victory履いたw

久々にキングとレース。
OFFシーズンまっただ中のキングはまったり先行。
お、意外と俺動いてる!
とは思ったけどやっぱりほぼまるまる1週間動いてないのはごまかしきれません。

息切れすんのが早いw
4週目ぐらいから徐々に離されて、
脚の疲労も凄まじくて、
地面が蹴れない蹴れない。

5000m 16’14″21
74″7 74″0 75″5 76″6 77″8 78″3 79″4 80″4 81″7 81″4 81″9 76″6 35″5

見事なまでに1秒ずつのビルドダウンw
下限は81″で踏ん張って、
最後はもう無理しない程度のスパート。

カッコだけプロ仕様でしたが、
見事なまでにスパイクに走らされて終わりました。

また脚作って出なおしです。

んで今日

ふくらはぎの筋肉痛やべえwww水曜の駅伝ピンチ(゜∀゜)

Victoryは諸刃の剣。。。orz

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

Co-Goods スマホカメラ望遠レンズ

Co-Goods スマホカメラ望遠レンズ

百聞は一見にしかずということで、以下、実際に使用して撮影できたもの。なおスマホはiPhone 12 mini。

だいたい20〜30m先の対象をかなりアップで撮影できる。スマホ側に光学ズームが付いていれば更にズームできる。細部の輪郭がどうしてもブレやすかったり虹っぽい色になっちゃうのは安さ(購入時約2,500円)なりで、散歩にちょっと持ち歩いて、普段なら近寄らせてもらえない動物を撮影するのには十分!値段以上の価値を感じることができた。

Amazonでは似たような商品が乱立していて、どれを買えばいいかわからないし失敗したくない…ということでかなり時間をかけてリサーチした。辿り着いたこの商品は、紹介文の日本語がしっかりしていて(これ大きい)、販売元が岡山の会社だったので信じてみることにした。

結果、アタリだったと思う。

(↓2枚目と4枚目が動画)

望遠ゆえに動画だとブレが出やすくなるが、手ブレ補正が付いてるスマホなら解消できるのかもしれない。

一眼レフカメラを買うには値段もアレだし重さやお手軽さがちょっと…という点を見事すぎるぐらいにカバーしてくれたと思う。

対して撮影が難しいのが夜間。

iPhone12 miniだとナイトモードで撮影できるのだけど、ちょっとでも動くとブレた写真になってしまうので、三脚使ってスマホを固定した上で、更に動かない対象(例えば月とか星)の撮影ならいけるのではないかと思う。

記事投稿時点では真冬で夜間の撮影が辛すぎるのでもう少し暖かくなったら試して追記するw

購入する