ライトニングプラズm

ライトニングプラズm

なんか前にもこのタイトルで記事書いた気がするんだけど好きなんだよ聖闘士星矢。世代だから許してほしい。

レース翌日だけど今週末も1500mなのでポイント練習を投入。

9/9(日)
3.5km jog
1000m×3 r200m 1’30
3’14 3’16 3’14
rest10′
400m×2 r400m walk 2’50
63″9 65″8
3.5km jog
ジャパンブースト2

1000mはアベレージ3’15まで持ってこれたので、初夏から始めて幾分マシになった。つっても3’15ですよ。1500で4’10目指すにはだいぶ物足りない。。。

これでほぼ枯れてたけどなんとか10分休んで400m。レースペース想定の66″〜67″でいこうと思ったら何故かぶっこんでしまったのでjogつなぎできずwalkでつないで2本で終了。

酸欠でアタマが痛いお/(^o^)\ 帰りのjogが辛くてなwwwww

さてタイトル。

夜の練習で街灯が少ないところを走るときはヘッドライトをボディに巻いて使ってたんだけど、どーにもすぐ接触不良を起こしてダメになる。

もうちょっと単純な構造のモノは無いのかと探していた時に見つけたのがこれ。

電池200時間持つらしいのと構造が単純なのでタフに使っても壊れにくそう。

ライトじゃないから足元を照らすには光量足らないけど、点滅もしてくれるので車やチャリから見つけてもらうには十分そう。

夜メインのランナーはお試しあれ\(^o^)/

※結局ライトニングプラズマ言いたいだけ

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

Co-Goods スマホカメラ望遠レンズ

Co-Goods スマホカメラ望遠レンズ

百聞は一見にしかずということで、以下、実際に使用して撮影できたもの。なおスマホはiPhone 12 mini。

だいたい20〜30m先の対象をかなりアップで撮影できる。スマホ側に光学ズームが付いていれば更にズームできる。細部の輪郭がどうしてもブレやすかったり虹っぽい色になっちゃうのは安さ(購入時約2,500円)なりで、散歩にちょっと持ち歩いて、普段なら近寄らせてもらえない動物を撮影するのには十分!値段以上の価値を感じることができた。

Amazonでは似たような商品が乱立していて、どれを買えばいいかわからないし失敗したくない…ということでかなり時間をかけてリサーチした。辿り着いたこの商品は、紹介文の日本語がしっかりしていて(これ大きい)、販売元が岡山の会社だったので信じてみることにした。

結果、アタリだったと思う。

(↓2枚目と4枚目が動画)

望遠ゆえに動画だとブレが出やすくなるが、手ブレ補正が付いてるスマホなら解消できるのかもしれない。

一眼レフカメラを買うには値段もアレだし重さやお手軽さがちょっと…という点を見事すぎるぐらいにカバーしてくれたと思う。

対して撮影が難しいのが夜間。

iPhone12 miniだとナイトモードで撮影できるのだけど、ちょっとでも動くとブレた写真になってしまうので、三脚使ってスマホを固定した上で、更に動かない対象(例えば月とか星)の撮影ならいけるのではないかと思う。

記事投稿時点では真冬で夜間の撮影が辛すぎるのでもう少し暖かくなったら試して追記するw

購入する