_(:3」∠)_

_(:3」∠)_

災いは忘れた頃にやってくる。

少しでも忘れないために書く。

走っててコケた。

  • 右肩の打撲
  • 左手薬指の捻挫
  • 右膝擦り傷
  • 頭頂部打撲

まさに

_(:3」∠)_

こんな体制でコケた。

右肩がだいぶ腫れてて痛いけど、それ以上に恐怖を感じたのが頭頂部の打撲。

コケた弾みでブロックらしき塊にアタマをごっつんこ。平坦な面に当たった程度なのでケガ自体は大したことないんだけど、これが仮に鋭角な部分だったり、釘が出てたりとかしてたらと思うとヤバいなと。

あとはもうちょいスピード出てたら土手転げ落ちて川に落ちてたかも。笑えない。

コケた場所は、河原沿いのランニングコースとしてコンクリ舗装されたロード。

今回は色んな条件が重なった結果コケたけど、結構色んな人が揃っちゃう条件だと思う。

  • 雨上がり
  • 凹凸の無いコンクリ舗装
  • 下り坂
  • 直角カーブ
  • 細い道
  • グリップの無いシューズ

これ。

これで曲がる時に軸足が簡単に滑ってカラダが制御不能。

NIKEのペガサス愛用してるけど、アレも含めてレースシューズ以外はほとんどグリップなんて無いと思う。

ランニングコースとして舗装されたロードはアスファルトみたいな凹凸が無いから、雨で路面が濡れてると滑る。

そして下り坂は勝手にスピードが上がる。

直角カーブは進行方向に対して大きなブレーキをかける。路面が滑ったら、かかるはずのブレーキがかからない。

この条件を満たすところを走らないのが一番だけど、走るときはスピードを極限まで落とす。カーブに到達するまでに止まるぐらい落とす。

シーズンラストの1500mを棒に振るところだった。

気をつけよう。

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

IRONMAN CLUB ピラティスポール IMC-54

IRONMAN CLUB ピラティスポール IMC-54

対腰痛アイテム

ピラティスポール(ストレッチポール)は、自分にとって腰痛の治療アイテムである。

ダッシュやバウンディングなどの負荷が高めの運動をした翌日なんかに腰痛を発症することが多くて、かつてやっとの思いで獲得した福岡国際マラソンの資格も、この腰痛が始まりで棄権せざるをえなかったときもあった。

今でも腰痛はおきるけど、このポールがあれば大丈夫。

ヒザを上下に動かして仙骨まわりを伸ばす!!
ヒザを上下に動かして仙骨まわりを伸ばす!!

長く同じ姿勢を続けて仙骨まわりが固まると痛みが出るので、可能な限り頻繁にポールに乗る。頻繁に乗る。

乗ったら両膝を曲げて両カカトを合わせるような形にして、その状態でヒザを上下に動かす。これにより仙骨まわりの筋肉(なのか関節なのか)をストレッチしていく。

両ヒザを床に向けて動かしたタイミングで仙骨が前に押し出されるような感覚で繰り返す。

と、いい感じになった。

だいぶ前から持ってるんだけど記事にするのを忘れてて、

  • 2021年2月23日:バウンディングする
  • 2021年2月24日:朝腰痛発症→朝・昼・夜に3分ずつポール乗る
  • 2021年2月25日:痛みほぼ消失

ちょうどこんなことがあったので書いた。

腰痛にはピラティスポール(ストレッチポール)!!

※個人的にはストレッチポールと呼んでるんだけどAmazon上の商品名がピラティスポールなのでやむを得ず併記

※記載の内容は個人の感想ですw

Twitterでフォローしている方が「腰痛」というワードを出した瞬間にこのページのURLをリプするBOTになるぐらいにはオススメしている。

購入する