ばいんばいん

ライトがまぶしいokd

1/29(火)

7.6km 30’11 3’57/km
4’40→3’35
1.3km jog
オデッセイリアクト

爆風で萎えてたので少しの間だけ頑張った。

1/30(水) 奥戸競技場

okd競技場に突撃してトモ練。
入手した厚底4%を試し履き。

これな

4000m 15’10 3’47/km
r600m jog
1000m 2’57 (70″9-71″1-35″7)
r400m jog
400m 61″8
ヴェイパーフライFK

前に借りたときと同じように履いた瞬間のバインバイン感がスゴイ。

シューズの足入れ感も他のナイキシューズと全然違ってて、前足部の余裕が大きいので紐をキツめに締めないとシューズの中で足が動いちゃう気がする。

そのせいか翌朝左足の甲がちょっと痛む。フィットのさせ方は研究が必要かも。

4000mはアップ感覚で。
本番、これよりも7秒速く42kmが走れるか…?
というのは未知数。
でも確かに走るのはラクに感じる。

一方で「スピードが上がるわけではない」というのも納得で、「エネルギーロスが少なくなるので結果的にタイムが上がる」という感覚がしっくりくるかな。

1000mとか400mをガツンと走る場合はエネルギーコスト減よりもシューズ自体の重さと厚みでトップスピードが殺されるので、競技で使うのには向かないだろうなーと。

もちろん練習で使うのはアリだけど160km耐久が恨めしいwww

イーブンで押したけど余裕は無くて最後は頑張ってた。

本番で履かないと確かなことは言えないけど、マラソンにはとても向いてると思う。ばいんばいん。

練習後は牛繁で元HONDAのトモさんによるレクチャーをたっぷりと。肉の写真は取り忘れたw

itsupinオリジナルランニングTシャツ販売

オススメ品

ロジクール トラックボールマウス m570

仕事も含めてPC使ってる時間が長い中で気になったのが

  • マウスを移動できる範囲が狭い
  • かといってマウススピードを速くすると細かい作業がやりづらい

そんな中で出会ったのがこのトラックボールマウス。

これは本体そのものを動かすのではなく親指で青いボールをコロコロ回してカーソルを操る。つまり、本体を置く場所さえあれば自在にカーソルを操れる。

気づいたら使い始めて10年経ってた

俺は家でも会社でもコレ。その間布教活動もしてきたけど3人ぐらいしか入信してくれなかったw

ちなみに今は上位モデルも出てるので今のやつがダメになったら試す!

コメント

コメントを投稿

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください