おかげ

おかげ

※写真に私はいませんw

2/11(月) 足立駅伝

冒頭の勇姿はRJKが誇る壮年チーム。

4区までに2位と5分差の貯金を作り、最終5区で長男のスーさん(左から2番目 齢7x)が仕上げる完璧なレース展開💯💯💯💯💯

俺もこうありたい。

で、俺。

3区 5km 16’42(3’21/km) 区間2位
チームは一般の部2位、高校の部も含めると7位ぐらい?
ガーミン計測5.05km 3’19/km
3’12 3’20 3’25 3’23 3’13 +8″
ヴェイパーフライFK

しんどい状況である

ヴェイパーフライに慣れる目的も兼ねてレースで使ってみた。フライニットは紐で締め付けを調節できる範囲が少なくて、簡単に脱げてしまう感覚があってちょっと不安になる足入れ感なんだけど、まあなんとかなった。

5km走ったのは11/23の葛飾駅伝と、12/2の越谷駅伝。どちらも走ってる途中から脹脛の疲労感(固まって役に立たなくなる)に悩まされたけど今日はそれが無かった。

これはヴェイパーフライのおかげなのか?

言うて11/23が17’09、12/2が4.8kmだったので5km換算して16’50前後、ということで寄与したのは10〜20秒程度。

いや、5kmの10秒、20秒は大きいか。
シューズの力なのかと思うと悩ましいところはあるけど、一応「前回よりマシ」を積み重ねることはできているかな。

ちなみに3区の区間賞は別チームで出場していた生ちゃんの16’04。
前日に34km走ってコレらしい。つらい/(^o^)\

落ち込みを防ぐ?

3km〜4kmでいつもは落ち込むところを引き上げられたのは良かった。
あと、もともと俺はストライド走法だったはずなんだけど、走っててイヤに忙しく脚を回して走ってる感覚があって、途中で意識的に回転を落として歩幅を大きくしてみた。
それが3〜4km区間だったので落ち込みを防げたのはコレ??

全部感覚的な話なので実際のところは知らんけどw
走っててこんな感覚になったのは初めてかも。

シューズのおかげだと思うとひたすら複雑な気分になるのでもうやめよう。

これは俺のおかげだ\(^o^)/

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

ロジクール トラックボールマウス MX Ergo

ロジクール トラックボールマウス MX Ergo

通常のマウスだとデスクの端に到達したときにわざわざ本体を持ち上げて移動させるのが煩わしい

というところから始まった俺のトラックボール生活。気づけば10年以上のトラックボールユーザー。使う場所を選ばないトラックボール最高である。

何年も使っているM570の1台がとうとう故障してしまったので後継機を買うか上位モデルを買うか悩んだ結果、毎日使うものだし・・・と上位モデルに手を出してみた。

ボールの感度も回しやすさも問題なく、ストレスフリーで操作できる。MX Ergoのウリの1つである20°の傾斜角度。これも絶妙で腕のねじりが軽減される。

正面から見るとわかるが金属のプレートが付いていてボディ側の磁石でくっつくようになっている。このプレートがいい感じの重量もあって、動かす必要の無いトラックボールをよりどっしりとさせている。

プレートは取り外せるし取り外すと軽くなるので持ち歩きにも便利かな、と思ったけど、取り外した状態だと本体が安定せずグラグラしてしまう。チョイ重だが持ち歩くときはプレートも一緒に。まあそもそもトラックボールは持ち歩くことはあまり考慮されていないものだろう。

乾電池式からバッテリー式に変わっているので、バッテリーの持ち具合が少し心配になるところだが、それは長く使ってみてからまた追記していきたい。

また、このマウス1台でPC複数台にまたがって操作できるらしいのだが、今はPCが1台体制なので増えたときに追記する。

20°の絶妙な角度
20°の絶妙な角度
手を置くとこんな感じ
手を置くとこんな感じ
購入する