2パターン

2パターン

はいStayhome!

走ることも好きだけどダラダラすることも好きなのでStayhomeも大丈夫。

記事書くのが1ヶ月近く空いちゃったけど、その間に嫁さんは誕生日を迎えたのでお祝いしました。

引き続き仲良く過ごして参りたい

逆にイベントらしいものがそれぐらいしか無いので記事を書くネタもあんまり無いんだよねw

家でダラダラするか、人の少ない時間に周りを走るか。2パターン。

脚の方は気温の上昇もあってか、走ることを続けていても少しずつ良くはなっている模様。現状、追い込むことはしないので悪化の心配もかなり低いとは見ている。

走る場所も2パターンだけ。夜なら人もほとんど会わないか距離を離せるので問題は無い、と思う。

2kmコースをjogするか、直線コースをナガシ。それだけ。

夜なら福祉村も人が少なくて大丈夫なんだろうけど、まあ敢えて移動範囲を広げる必要もないので今はこれでいい。

レースもなにもないけど、アタリマエをじっくり積み重ねていこう。

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

Co-Goods スマホカメラ望遠レンズ

Co-Goods スマホカメラ望遠レンズ

百聞は一見にしかずということで、以下、実際に使用して撮影できたもの。なおスマホはiPhone 12 mini。

だいたい20〜30m先の対象をかなりアップで撮影できる。スマホ側に光学ズームが付いていれば更にズームできる。細部の輪郭がどうしてもブレやすかったり虹っぽい色になっちゃうのは安さ(購入時約2,500円)なりで、散歩にちょっと持ち歩いて、普段なら近寄らせてもらえない動物を撮影するのには十分!値段以上の価値を感じることができた。

Amazonでは似たような商品が乱立していて、どれを買えばいいかわからないし失敗したくない…ということでかなり時間をかけてリサーチした。辿り着いたこの商品は、紹介文の日本語がしっかりしていて(これ大きい)、販売元が岡山の会社だったので信じてみることにした。

結果、アタリだったと思う。

(↓2枚目と4枚目が動画)

望遠ゆえに動画だとブレが出やすくなるが、手ブレ補正が付いてるスマホなら解消できるのかもしれない。

一眼レフカメラを買うには値段もアレだし重さやお手軽さがちょっと…という点を見事すぎるぐらいにカバーしてくれたと思う。

対して撮影が難しいのが夜間。

iPhone12 miniだとナイトモードで撮影できるのだけど、ちょっとでも動くとブレた写真になってしまうので、三脚使ってスマホを固定した上で、更に動かない対象(例えば月とか星)の撮影ならいけるのではないかと思う。

記事投稿時点では真冬で夜間の撮影が辛すぎるのでもう少し暖かくなったら試して追記するw

購入する