pH7 | itsupin | 800mからフルマラソンまで走るランナーのブログ

pH7

2020.08.04(火)

「GOTO(キャンペーン)しようぜ」

って突然言われたので、GOTOした。(当日)

8/2(日) 伊香保

この日は走らず宿周辺を散歩のみ。

温泉はアルカリ性。

8/3(月) 榛名湖

7.8kmコース3周。

GARMINによると31℃表示になってるけど実際は20℃ぐらい。快適すぎる。ゴールまで給水いらんかった。

普段、坂の無い平坦な場所に住む代償として翌日ものすごい筋肉痛に襲われることになる/(^o^)\

坂しかない。

無になるような

青木さんが奥武蔵を走ると「無になれる」と言っていた。

最初こそカメラ片手にキャッキャ走ってたけど、周囲が無音になるような時があってそのときにこのことを思い出した。ただ前だけ見て走ることを楽しみつつ、走ることに集中する。面白い感覚だった。

8/4(火) 草津

町に着いたときから硫黄の匂いが迎えてくれる。温泉は酸性。

夜な夜な足湯

知らなかったけどここも標高1200mぐらいにあるのでめちゃくちゃ快適。前日の榛名湖で脚が死んでたので軽めに楽しみながら。

ここも坂しかないんだけど
ぐるっと2周

というわけで元気に生きています。

アルカリ性泉の後で酸性泉をいただいてpH7(言いたいだけ

itsupinオリジナルランニングTシャツ販売

オススメ品

ナイキ エア ズーム ペガサス 37

ペガサスシリーズは練習だけじゃない、通勤にもカジュアルにも使える。たぶん、ここ10年で一番多く履いているシューズ。

ペガサス35→36に変わったとき、シューズ自体が軽くなった代わりにソールも薄くなり、ジョグのときにも少し硬さを感じた。

35と36なら間違いなく35派。ペガサスに求めているのは軽さじゃない。軽いシューズならペガサスターボもあるし、速く走りたいならヴェイパーフライ履けばいい。俺がペガサスに求めているのは優しさなのだ。

ペガサス37は35寄りに戻っている。ペガサスに求めているのはこれだ。ジョグ、距離走、軽めのペーランやインターバル、ナガシ、そして通勤w

レース以外のどんな時にも使える万能シューズ。

ソールの厚みや傾斜が増えていることもあってか、感覚的にはズームフライにも近いように思える。プレートなんぞは入ってないはずなのだが、ソール全体が張っているような感触もある。ペガサスは33から履いてるけど37はこれまでで最高の評価をしたい。38も楽しみだなあ。

楽天で購入

コメント

コメントを投稿

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください