出しきらないラスト | itsupin | 800mからフルマラソンまで走るランナーのブログ

出しきらないラスト

2020.08.10(月)

毎日溶けそう。天気予報アプリ見てるだけで気が滅入るw

標高1000mオーバーのオアシスが恋しい。。。

8/9(日) 福祉村

3.5km jog
100mナガシ×2
300m×7 r300m 設定50″ r2’30以内
53″1 48″0 48″2 50″2 49″1 48″2 47″4
8.4km jog 5’39/km
ストリーク6

ペース感覚が消し飛んでたw

俺の中での800m/1500mの王道メニューに戻ってきた。ただ、今までは800mのレースペース付近でやって最後は出し切るというやり方だったけど、目下決まっている予定が1500m1本だけなので、1500mレースペースでやって出し切らない形に変更。

とりあえず目標タイムをいったん4’20カットに定めたので300mは50″〜51″。レースでもそのペースで進めて余裕が残ってればラストを爆発させればいい。そんなプラン。

しかし走ってみると全然感覚が掴めなくてペースが狂いまくった。53″のあと48″ってなんだw

結局1本目を除いてレースペースよりチョイ速。予定よりも若干負荷が高くて今しんどい/(^o^)\

でも出しきらなかった。ラスト1本にまだ余裕はあった。これは◎

距離も踏みつつ様子を見てポイント練習も合間に突っ込んでいく。続けられれば俺の大勝利が見えてくる。

ストリーク6を見直す

とても久々にストリーク6を引っ張り出して履いたけど思いの外良かった。軽いけど薄すぎない、ジャパンブーストみたいな使い勝手の良さがある。

速めの練習ではズームフライやヴェイパーフライを履くことが増えてたけど、ストリークはシンプルで付加機能が無いのでクセも無い。練習にはもってこいなのではないだろうか。

いやほら、練習より本番で速く走れる方が楽しいしw

といいつつ、人と走るような練習会のときにはしっかりヴェイパーフライを持っていく未来しか見えないけど\(^o^)/

8/8(土) 川沿い

11.4km 1:00’29 5’19/km
215m×5 r215m
34″4 33″3 32″9 33″2 32″7
ペガサス37

8/7(金) 福祉村

14.1km 1:12’52 5’12/km
300m×3 r300m 2’15以内
48″0 46″9 46″5
3.5km jog
ペガサスターボ2

暑さに加えてちょっと飛ばしすぎて帰りのjogが一番辛かったw
itsupinオリジナルランニングTシャツ販売

オススメ品

ナイキ エア ズーム ペガサス 37

ペガサスシリーズは練習だけじゃない、通勤にもカジュアルにも使える。たぶん、ここ10年で一番多く履いているシューズ。

ペガサス35→36に変わったとき、シューズ自体が軽くなった代わりにソールも薄くなり、ジョグのときにも少し硬さを感じた。

35と36なら間違いなく35派。ペガサスに求めているのは軽さじゃない。軽いシューズならペガサスターボもあるし、速く走りたいならヴェイパーフライ履けばいい。俺がペガサスに求めているのは優しさなのだ。

ペガサス37は35寄りに戻っている。ペガサスに求めているのはこれだ。ジョグ、距離走、軽めのペーランやインターバル、ナガシ、そして通勤w

レース以外のどんな時にも使える万能シューズ。

ソールの厚みや傾斜が増えていることもあってか、感覚的にはズームフライにも近いように思える。プレートなんぞは入ってないはずなのだが、ソール全体が張っているような感触もある。ペガサスは33から履いてるけど37はこれまでで最高の評価をしたい。38も楽しみだなあ。

楽天で購入

コメント

コメントを投稿

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください