出し切るよりもやりきる

出し切るよりもやりきる

暑苦しいTシャツ作った。

そのうちネタ切れ起こすけど、まあ思いつくうちは定期的に作っていきたい。

8/27(木) 福祉村

3.5km jog
ドリル + 100mナガシ×2
300m×7 r300m jog 2’30以内
50”5 – 45″9 – 48″2 – 47″6 – 49″1 – 48″2 – 47″9 (Ave 48″2)
2kmぐらい芝walk
3.5km jog
ストリーク6

お約束メニュー。2本目で上がりすぎて毎度のこと自分の感覚が全くアテにならない。おかげで一気に疲労がきて5本でやめたい衝動に駆られたけど、これだと前までと同じで無駄に出し切って狙った効果が得られない(気がする)。

なので疾走区間落としてどうにか7本完遂。

前回が8/9で
53″1 – 48″0 – 48″2 – 50″2 – 49″1 – 48″2 – 47″4 (Ave 49″1)

アベレージは1秒上がったけど実はリカバリーが10秒ぐらい長くなってる。
一応2’30以内は守れてるからいいけど、リカバリー300mで30秒違うだけで、レペ寄りかインターバル寄りか、効果が変わりそうな気がするなー。

余裕度は前回よりも無くてだいぶキツかったことを考えると走力的にはほぼ同等かな。引き続きベースのjogを積み上げつつ合間に少しずつポイントを突っ込んでいく。あとケガしない。ヨシ!

itsupinオリジナルランニングTシャツ販売

オススメ品

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部) ピラティス ポール IMC-54

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部) ピラティス ポール IMC-54

対腰痛アイテム

ピラティスポール(ストレッチポール)は、自分にとって腰痛の治療アイテムである。

ダッシュやバウンディングなどの負荷が高めの運動をした翌日なんかに腰痛を発症することが多くて、かつてやっとの思いで獲得した福岡国際マラソンの資格も、この腰痛が始まりで棄権せざるをえなかったときもあった。

今でも腰痛はおきるけど、このポールがあれば大丈夫。

ヒザを上下に動かして仙骨まわりを伸ばす!!
ヒザを上下に動かして仙骨まわりを伸ばす!!

長く同じ姿勢を続けて仙骨まわりが固まると痛みが出るので、可能な限り頻繁にポールに乗る。頻繁に乗る。

乗ったら両膝を曲げて両カカトを合わせるような形にして、その状態でヒザを上下に動かす。これにより仙骨まわりの筋肉(なのか関節なのか)をストレッチしていく。

両ヒザを床に向けて動かしたタイミングで仙骨が前に押し出されるような感覚で繰り返す。

と、いい感じになった。

だいぶ前から持ってるんだけど記事にするのを忘れてて、

  • 2021年2月23日:バウンディングする
  • 2021年2月24日:朝腰痛発症→朝・昼・夜に3分ずつポール乗る
  • 2021年2月25日:痛みほぼ消失

ちょうどこんなことがあったので書いた。

腰痛にはピラティスポール(ストレッチポール)!!

※個人的にはストレッチポールと呼んでるんだけどAmazon上の商品名がピラティスポールなのでやむを得ず併記

※記載の内容は個人の感想ですw

コメント

コメントを投稿

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください