街ナカの森

街ナカの森

遅れ馳せながら北海道合宿4日目の記事。

9/3(木) 青葉公園・千歳川

17.2km 1:39’31 5’47/km
ペガサス37

そのへんにある公園でも芝jogやり放題、どこもかしこも自然に溢れて気持ちよく走れる。そんな素敵(夏は)な北海道合宿も最終日を迎えた。最後は街の中にある森、ランナーにとっては最高の青葉公園

今まで北海道には何度も来たけど、灯台下暗し。空港のある千歳市には泊まったことがなかったのだけど、支笏湖もあるし青葉公園(+競技場)もあるし、空港からそんなに動かなくても北海道は満喫できる。これもまたよい。

俺は前日のポイント練習の疲れがだいぶ残っていて涼しいのに終始ノドが乾くw
千歳川。どこ見たって全部キレイなんだ。
最後もラーメンでシメた。

夏は涼しくてサイコーな北海道。でも逆に冬は大学の敷地内で遭難するほどの厳しいものであると聞くw

素朴な疑問なんだけど北海道のランナー達は冬場はどのように過ごしているのだろうか。雪国の方々はトンネルで走ると聞いたこともあるが、山間部でなければトンネルは多くないはず。しかし北海道にもランナーは多い。はて。

帰ってきちゃった。虹が見えた。

9/4(金) OFF

サイタマは暑い(白目

9/5(土) 福祉村

21km 1:44’26 4’58/km
ペガサス35

GARMINの記録によると26℃だったらしいけど絶対にウソだ。日差しが容赦なく照りつけ心拍がすぐに上がる。

16kmあたりから嫁さんに置き去りにされて最終的に200m以上の差を付けられて天を仰いだ。

夏のロングは頑張らない。頑張れない。

完走しただけで満点なのだ。

コレの2倍の距離を1分半近く速いペースで走ったというのは同じ人間とは思えないw

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

Co-Goods スマホカメラ望遠レンズ

Co-Goods スマホカメラ望遠レンズ

百聞は一見にしかずということで、以下、実際に使用して撮影できたもの。なおスマホはiPhone 12 mini。

だいたい20〜30m先の対象をかなりアップで撮影できる。スマホ側に光学ズームが付いていれば更にズームできる。細部の輪郭がどうしてもブレやすかったり虹っぽい色になっちゃうのは安さ(購入時約2,500円)なりで、散歩にちょっと持ち歩いて、普段なら近寄らせてもらえない動物を撮影するのには十分!値段以上の価値を感じることができた。

Amazonでは似たような商品が乱立していて、どれを買えばいいかわからないし失敗したくない…ということでかなり時間をかけてリサーチした。辿り着いたこの商品は、紹介文の日本語がしっかりしていて(これ大きい)、販売元が岡山の会社だったので信じてみることにした。

結果、アタリだったと思う。

(↓2枚目と4枚目が動画)

望遠ゆえに動画だとブレが出やすくなるが、手ブレ補正が付いてるスマホなら解消できるのかもしれない。

一眼レフカメラを買うには値段もアレだし重さやお手軽さがちょっと…という点を見事すぎるぐらいにカバーしてくれたと思う。

対して撮影が難しいのが夜間。

iPhone12 miniだとナイトモードで撮影できるのだけど、ちょっとでも動くとブレた写真になってしまうので、三脚使ってスマホを固定した上で、更に動かない対象(例えば月とか星)の撮影ならいけるのではないかと思う。

記事投稿時点では真冬で夜間の撮影が辛すぎるのでもう少し暖かくなったら試して追記するw

購入する