向いている距離 | itsupin | 800mからフルマラソンまで走るランナーのブログ

向いている距離

11/18(水)

という主張ののち、冒頭の肉を摂取してOFF。

11/19(木) 福祉村

8.1km 31’36 3’54/km
(4’31→3’42)
200m×3 r200m 90″
31″6 – 30″3 – 29″9
懸垂5×3
ランジ30×3
3.9km jog
ペガサス36

気温が22℃あった。どうなってるんだw

昼間は窓開けて仕事してたし、初夏のような雰囲気。夜は夜で風は吹いてるけど気温が高いので春一番を錯覚した。

ペーランは10km行きたかったけど、右脚の大腿四頭筋がバキバキになってきたのとサシコミも始まったので抵抗せず撤退。まあ余裕は無いってことよな。

今日は8km 200m×3 約4km で合計13kmちょい。感覚的な強度はそこそこ高いんだけど、不思議なのは数日前にやった15km 4’40/kmの方が終わったあとの疲労感が強い。

休みなく走り続けるというのはあまり得意ではないということなのか。。(インターバルもリカバリ速いとすぐ死ぬしw)

あっ、でも今回の練習は前日OFFにしてたうえに15km jogの前日はポイント練習してたんだった/(^o^)\

結局よくわからないw

考え事は続く。

itsupinオリジナルランニングTシャツ販売

オススメ品

ナイキ エア ズーム ペガサス 37

ペガサスシリーズは練習だけじゃない、通勤にもカジュアルにも使える。たぶん、ここ10年で一番多く履いているシューズ。

ペガサス35→36に変わったとき、シューズ自体が軽くなった代わりにソールも薄くなり、ジョグのときにも少し硬さを感じた。

35と36なら間違いなく35派。ペガサスに求めているのは軽さじゃない。軽いシューズならペガサスターボもあるし、速く走りたいならヴェイパーフライ履けばいい。俺がペガサスに求めているのは優しさなのだ。

ペガサス37は35寄りに戻っている。ペガサスに求めているのはこれだ。ジョグ、距離走、軽めのペーランやインターバル、ナガシ、そして通勤w

レース以外のどんな時にも使える万能シューズ。

ソールの厚みや傾斜が増えていることもあってか、感覚的にはズームフライにも近いように思える。プレートなんぞは入ってないはずなのだが、ソール全体が張っているような感触もある。ペガサスは33から履いてるけど37はこれまでで最高の評価をしたい。38も楽しみだなあ。

楽天で購入

コメント

コメントを投稿

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください