しごとおさめ2020

しごとおさめ2020

12/25(金)

10.1km 37’18 3’41/km
215m×3 r215m 1’20
34″2 – 33″7 – 33″4
2km ダウン
ヴェイパーフライFK

仕事を納めて嫁さんとダラダラ喋ってたら走りに行くのがどんどん面倒になってしまって行き着いた先が家の周りをノーアップで10km

ペースが落とせない(勝手に上がる)呪いにかかってほぼ全力走になり後半はヒーヒー言いながら家の周りを徘徊した。

年末の住宅街を駆けるゾンビ

ノーアップは開始スピードをもっと緩めないとキツいことがわかった(何年走ってんだコイツ)

ノーアップでもヴェイパー履いて10km37分が全力というのはなかなか悲しいが全ては現実を受け入れるところから始まるのだ。

もちろん今日もブリ

しごとおさめ

6月に職を失って9月に転職してから無事に(?)今の職場で仕事を納めた。自分の家が職場になるというのは、「いつかそうなったらいいな」とは思ってたけどいろんな巡り合わせで現実のものとなった。

家にずっといることで色んな問題が起こるみたいなことも聞いていたけど、幸いにして我が家にはメリットしか無かった。

大枠では抗えないようなことばかりだし、いつも流されてここまでやってきたけど、流された先でも頑張ろうと思えているのでまあいいかなと思っている。

いつの日も我が家で幸せに過ごすことが目標である。

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

Co-Goods スマホカメラ望遠レンズ

Co-Goods スマホカメラ望遠レンズ

百聞は一見にしかずということで、以下、実際に使用して撮影できたもの。なおスマホはiPhone 12 mini。

だいたい20〜30m先の対象をかなりアップで撮影できる。スマホ側に光学ズームが付いていれば更にズームできる。細部の輪郭がどうしてもブレやすかったり虹っぽい色になっちゃうのは安さ(購入時約2,500円)なりで、散歩にちょっと持ち歩いて、普段なら近寄らせてもらえない動物を撮影するのには十分!値段以上の価値を感じることができた。

Amazonでは似たような商品が乱立していて、どれを買えばいいかわからないし失敗したくない…ということでかなり時間をかけてリサーチした。辿り着いたこの商品は、紹介文の日本語がしっかりしていて(これ大きい)、販売元が岡山の会社だったので信じてみることにした。

結果、アタリだったと思う。

(↓2枚目と4枚目が動画)

望遠ゆえに動画だとブレが出やすくなるが、手ブレ補正が付いてるスマホなら解消できるのかもしれない。

一眼レフカメラを買うには値段もアレだし重さやお手軽さがちょっと…という点を見事すぎるぐらいにカバーしてくれたと思う。

対して撮影が難しいのが夜間。

iPhone12 miniだとナイトモードで撮影できるのだけど、ちょっとでも動くとブレた写真になってしまうので、三脚使ってスマホを固定した上で、更に動かない対象(例えば月とか星)の撮影ならいけるのではないかと思う。

記事投稿時点では真冬で夜間の撮影が辛すぎるのでもう少し暖かくなったら試して追記するw

購入する