黄色いシゲキ

黄色いシゲキ

1000mトライアルに向かう野郎共

12/27(日) GAZELLE練習会@手賀沼

GAZELLEに参加するのもいつぶりか…とか言ってる間に年末の走り納め練習会になってしまったw

みんなでゆっくりjogしてから最後に1000mかましてシメた。

14.8km 1:31’12 6’09/km
ペガサス37

1000m 2’47
アルファフライ

手賀沼なら楽勝で取れる片道1000mコース
Garminを500mラップにしてアクティビティを1.00kmでトリムすると何故か結果が0.99kmになってしまう。
1000mやるメン

アルファフライ

メンバーのたくチョゲからNikeのアルファフライを譲り受けた。靴底が肉厚すぎてギャグみたいだ。その実力やいかに、ということで1000mで履いてみた。

ギャグ

エースの大学生ふじの君が予想通りぶっこんでいったのでとりあえずついていく。集団はふじの君筆頭に4人。

500m通過が1’20。すでにふじの君は遠くに見える。速い。俺自身このペースはもたないだろうなとは思いつつ無理の無い範囲で脚を動かした。

コデ氏

久しぶりに会ったコデは同級生。お互いにケガが多いけど、いつもヤツはいざって時にはキッチリとキメてくる。

800m〜フルマラソンまでPBは全負け。センゴ3’56・ハーフ1:07・フル2:27と圧倒的に負けている。直接対決もヤツがケガしてるときだけ勝ってあとは全負け。悔しいが完全に格上である。

そして今回、長期間のケガを引きずってほぼ走れていない模様だが、悩みつつも1000mは参加したし、走り出してみると同じ集団にいる。全くもって油断ならんw

そしたら600mあたりで離れていったので今回はもらったか、と思った(←油断してる)

ゴール地点がよくわからずスパートのタイミングも掴めないが単独2位。無理せず巡航してそのままゴールかな、と思っていたら

ラスト100mぐらいで足音が聞こえる。…まさか…

…並ばれた!!

コデwwwwwこの男はwwwww

面白すぎて笑いながら取っておいたスパートを使ってどうにか僅差で先着…

ちなみに先頭ふじの君は2’38。残念だが今の状態では全く勝負にならん。

あとからコデに聞くと4月にケガして11月までほぼ走らず、それ以降も回復せず今も週2回30分jog程度、とのこと。

更に今回コデの装備はAdidasのボストン。Adidas詳しくないので調べてみたら27cmで240g程度と、Jogシューズとは言わんがタクミ戦のようなレースシューズとは言えないしジャパンよりも重い。もちろんいわゆる「厚底」と言われるカテゴリーのような機能性も無い。

※俺はゴリッゴリなレースシューズのアルファフライだ(キリッ

そんな状態で1000m 2’50を切ってくる

恐ろしい男である( ゚д゚)

左端の白軍手がコデ。ここまで差がついてから再び並ばれたかと思うと驚異としか言いようがない。あと何で軍手なんだよwwwww

ギャグの感想

アルファフライ。

とにかく肉厚。

まず1000mを走るためのシューズではないことは間違いないw もちろん見た目よりも全っ然軽いのだけど、とはいえ前述のボストンと同程度の片足240g前後の重さがあって、1000mでMAXに近いスピードを維持するには若干の重さ、および厚みゆえの「ジャマさ」を感じてしまう。

ダメージは抑えられるもののそのあたりのことが気になって後半の脚の鈍りが強かった。

…というのがとりあえずの印象。

と言いつつ単純に前半突っ込みすぎただけとか、薄底シューズ履いた場合ダメージが抑えられる利点が無くなるので結果脚がもたなくてスパートも効かんかったかもしれないということは否定できない。

まあアルファフライの実力を評価する方法としては完全に間違っている気がするのでw これからいろんな機会で使ってみたい。

黄色いシゲキ

たっぷりもらってモチベーションも上がった。

ギャグみたいに速くなりたい。

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

ロジクール トラックボールマウス MX Ergo

ロジクール トラックボールマウス MX Ergo

通常のマウスだとデスクの端に到達したときにわざわざ本体を持ち上げて移動させるのが煩わしい

というところから始まった俺のトラックボール生活。気づけば10年以上のトラックボールユーザー。使う場所を選ばないトラックボール最高である。

何年も使っているM570の1台がとうとう故障してしまったので後継機を買うか上位モデルを買うか悩んだ結果、毎日使うものだし・・・と上位モデルに手を出してみた。

ボールの感度も回しやすさも問題なく、ストレスフリーで操作できる。MX Ergoのウリの1つである20°の傾斜角度。これも絶妙で腕のねじりが軽減される。

正面から見るとわかるが金属のプレートが付いていてボディ側の磁石でくっつくようになっている。このプレートがいい感じの重量もあって、動かす必要の無いトラックボールをよりどっしりとさせている。

プレートは取り外せるし取り外すと軽くなるので持ち歩きにも便利かな、と思ったけど、取り外した状態だと本体が安定せずグラグラしてしまう。チョイ重だが持ち歩くときはプレートも一緒に。まあそもそもトラックボールは持ち歩くことはあまり考慮されていないものだろう。

乾電池式からバッテリー式に変わっているので、バッテリーの持ち具合が少し心配になるところだが、それは長く使ってみてからまた追記していきたい。

また、このマウス1台でPC複数台にまたがって操作できるらしいのだが、今はPCが1台体制なので増えたときに追記する。

20°の絶妙な角度
20°の絶妙な角度
手を置くとこんな感じ
手を置くとこんな感じ
購入する