自分を観察する

自分を観察する

牛カツというものを初めて食した。

世の中にはまだまだ美味しいものがたくさんあるな!

1/18(月) 福祉村

15km 1:03’36 4’13/km
2km jog
ペガサス36

10kmを超えると若干左ハムの付け根に鈍痛が現れるが、うまくつきあっていきたい。

高価なオモチャ(Garmin745)のおかげでいろんな自分の数値化ができるようになった。実態との乖離も含めてそこは楽しんでいきたいと思っている。

で、実際の状態とともにガーミン側にもいろんな変化が起きてきたので書いておく。

フクラハギ

どーにも困らされているのがフクラハギだ。特に右脚。強度の高い練習、いわゆるポイント練習を突っ込んだときに高い頻度でフクラハギがバキバキの筋肉痛になって1週間ほど使い物にならなくなる。

強くなってる感じもしないし、毎回これでは参ってしまうけど、ケアはしつつもとにかく観察してみるしかない。

  • 1/11の15km 3’58/kmにてフクラハギ死亡
  • その後6日間空けての1/17に1000m×8
  • 本日1/18に15km 4’15/km

1000m×8の時点でバキバキ感があり、またかと思っていたけど、本日は前回よりも痛みが少なく、あまり支障なく練習はこなせた。

慣れたか?!と期待はしつつも遅発性筋肉痛は48時間までは起こるっぽいので明日まで油断しない。1/11の時もフクラハギ死亡を実感したのはどちらかと言えば1/13の練習時だ。

明日が勝負\(^o^)/

ドキドキ

Garmin245のときはデカくてとてもしてられなかったけど、745になってから小さいわ軽いわ、気にならなくなったので寝てる間もGarmin装着。

安静時心拍数が下がってきた。

青いグラフね

スタート当初42〜45あたりだったのが常に40を切るぐらいになってきた。疲労を溜めずに心肺機能が強化できてきたか?

という期待はしつつも練習のタイムは全然期待どおりにはならんので直結はしないもんである。これはこれとして変化を楽しむことにしよう。

ジツリョク

VO2Maxの判定値をもとにした想定タイムが面白くなってきた。

2020.11.17
2021.01.18

何故かはわからないが1/8あたりから何の練習をしてもVO2Maxの数値が上がり続けるボーナスステージに突入しており、予測タイムとしてはかなり実態に近い感覚がある。

5000mで17分が切れるかどうかというのが若干怪しい気がするけど、今までの判定はどう考えても遅すぎたので「目標タイム」として見られるぐらいのタイムを表示してくれる方がヤル気は湧くかもしれない。

ボーナスステージ継続中

本日もケガ無く終われたことに感謝感謝。

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

Co-Goods スマホカメラ望遠レンズ

Co-Goods スマホカメラ望遠レンズ

百聞は一見にしかずということで、以下、実際に使用して撮影できたもの。なおスマホはiPhone 12 mini。

だいたい20〜30m先の対象をかなりアップで撮影できる。スマホ側に光学ズームが付いていれば更にズームできる。細部の輪郭がどうしてもブレやすかったり虹っぽい色になっちゃうのは安さ(購入時約2,500円)なりで、散歩にちょっと持ち歩いて、普段なら近寄らせてもらえない動物を撮影するのには十分!値段以上の価値を感じることができた。

Amazonでは似たような商品が乱立していて、どれを買えばいいかわからないし失敗したくない…ということでかなり時間をかけてリサーチした。辿り着いたこの商品は、紹介文の日本語がしっかりしていて(これ大きい)、販売元が岡山の会社だったので信じてみることにした。

結果、アタリだったと思う。

(↓2枚目と4枚目が動画)

望遠ゆえに動画だとブレが出やすくなるが、手ブレ補正が付いてるスマホなら解消できるのかもしれない。

一眼レフカメラを買うには値段もアレだし重さやお手軽さがちょっと…という点を見事すぎるぐらいにカバーしてくれたと思う。

対して撮影が難しいのが夜間。

iPhone12 miniだとナイトモードで撮影できるのだけど、ちょっとでも動くとブレた写真になってしまうので、三脚使ってスマホを固定した上で、更に動かない対象(例えば月とか星)の撮影ならいけるのではないかと思う。

記事投稿時点では真冬で夜間の撮影が辛すぎるのでもう少し暖かくなったら試して追記するw

購入する