墨田遠征と3月まとめ

墨田遠征と3月まとめ

3/30(火) 墨田フィールド

はるやまさんにお誘いいただいて墨田フィールドまで遠征した。昔住んでいた綾瀬ではよく練習していた汐入公園から隅田川を挟んで対岸。300mという珍しいサイズのトラック。

300mトラック。写真じゃわかりづらいけどやっぱり少し小さい​
300mトラック。写真じゃわかりづらいけどやっぱり少し小さい。

1200m×4 r600m 3’30ぐらい
3’58 – 3’58 – 3’57 – 3’52
r15’ぐらいののち、おかわり300m 42″6
匠戦3

初めてお会いしたしまくんの絶妙なペースメイクにより、キツさは感じつつも無事にこなせた。4本目のラスト100mではるやまさんが予定調和と言わんばかりに仕掛けてくるので、練習目的に合ってないんだよなーなんて無粋な考えは消し飛んで迎撃したw

1本目トラックモードでやったら計測がおかしくなったので未掲載。

しまくんが300m1本やるというのでキイチさんと3人でやることになった。すでに1200m×4でかなり脚がプルプルしており前日の44″と同水準ですら走れるか不安はあったがどうにか42″台。200mですら30″を切るようなスピードで走ってないのでかなり刺激が強い。

しかし人と練習するのは久しぶりだった。実を言うとレースばりに緊張してたんだwww

楽しく終われてよかった\(^o^)/

3月のまとめ

3月は346km​
3月は346km

高強度は1200m×4、または1000m×8を中5〜6日で、それ以外は不整地中心に15km前後。

高強度以外の日もキロ4切るようなペースで走ってるときもあったので途中から控え気味に。月の後半からトラックを見据えて200mや300mの軽めのインターバルを入れだした感じ。

以前は慢性化していて、最近は大丈夫だった右膝がまた痛くなってきた。そこだけちょっと注意かな。

itsupinオリジナルランニングTシャツ販売

オススメ品

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部) ピラティス ポール IMC-54

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部) ピラティス ポール IMC-54

対腰痛アイテム

ピラティスポール(ストレッチポール)は、自分にとって腰痛の治療アイテムである。

ダッシュやバウンディングなどの負荷が高めの運動をした翌日なんかに腰痛を発症することが多くて、かつてやっとの思いで獲得した福岡国際マラソンの資格も、この腰痛が始まりで棄権せざるをえなかったときもあった。

今でも腰痛はおきるけど、このポールがあれば大丈夫。

ヒザを上下に動かして仙骨まわりを伸ばす!!
ヒザを上下に動かして仙骨まわりを伸ばす!!

長く同じ姿勢を続けて仙骨まわりが固まると痛みが出るので、可能な限り頻繁にポールに乗る。頻繁に乗る。

乗ったら両膝を曲げて両カカトを合わせるような形にして、その状態でヒザを上下に動かす。これにより仙骨まわりの筋肉(なのか関節なのか)をストレッチしていく。

両ヒザを床に向けて動かしたタイミングで仙骨が前に押し出されるような感覚で繰り返す。

と、いい感じになった。

だいぶ前から持ってるんだけど記事にするのを忘れてて、

  • 2021年2月23日:バウンディングする
  • 2021年2月24日:朝腰痛発症→朝・昼・夜に3分ずつポール乗る
  • 2021年2月25日:痛みほぼ消失

ちょうどこんなことがあったので書いた。

腰痛にはピラティスポール(ストレッチポール)!!

※個人的にはストレッチポールと呼んでるんだけどAmazon上の商品名がピラティスポールなのでやむを得ず併記

※記載の内容は個人の感想ですw

コメント

コメントを投稿

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください