ふれあう駅伝

ふれあう駅伝

11/23(火) 葛飾ふれあい駅伝

総合4位
2区5km 16’58
3’22 – 3’23 – 3’25 – 3’35 – 3’13
アルファフライ

5km​ 17'00 (公式16'58)
5km 17’00 (公式16’58)
  • 〜0.5km 向風
  • 0.5〜3km 追風
  • 3〜5km 向風

3km以降の向風きっつーwww ラスト1kmだけ絞り出した。

故障していた脚は今のところなんともないけど、明日以降どうなっているかが問題。

***

10/10に1500mでシーズンベストが出たは良かったものの、そのレースで故障してそれをズルズル引きずる形になってしまった。

10/17のリレーマラソンでは痛みを抱えながらも5km 16’15〜16’25あたりでは来れる感触での走り。まあ結局痛みが悪化してその後は

  • 休む
  • 歩く
  • 最速4’30/km程度のjog
  • バイクHIIT

のいずれか。駅伝の4日前あたりで恐る恐るナガシを入れてみたといったところ。

感覚的には5km 17分前後と見ていたのでそれに収まったのは良かった。

一方でせっかくあのまま積めていれば15分台も狙えたかもという状態だったのに、またしても故障で走れなくなってしまったのは非常に悔やまれる。

***

チームとしてもかなり久しぶりの駅伝なうえに、チームメンバーは俺以外の全員がほぼハタチ。アベレージは24.2歳。

平均年齢24.2歳
これはおいしいw

おそらく俺以外のメンバー全員が何かしらの種目で今年PBを更新しているはず。そんなノリノリの年代。

2021.11.23 葛飾ふれあい駅伝 一般区外の部
区間賞2名

結果的には各自の種目の得意不得意が大きく出て、区間賞を2人取った一方で800mメインの2人はなかなか厳しかったようだ(俺は故障マンなので論外)

総合順位もまだまだ上を狙えたチームのはずなので、俺も若い気持ちを忘れずにメンバー落ちしないように頑張りたいw

itsupinオリジナルランニングTシャツ販売

オススメ品

ナイキ ペガサス35シールドと防水スプレー

ナイキ ペガサス35シールドと防水スプレー

雨の日はだいたい走らないのだが、最近色んな事情でそうでもなくなってきた。

というのと、そもそも普段履きもランニングシューズ履いてるので雨の日のお出かけとかやっぱり濡れない方がいいよね。

ということでご贔屓にしているズームペガサスの防滴仕様であるシールドを導入。

長い梅雨が続いている2020年の夏であるが、防水スプレーと合わせて使えば走っている間に靴下が濡れていくあのイヤな感じや、洗うのが面倒で放置したあとのあの公害とも言えるニオイともオサラバである。

是非、防滴仕様のランニングシューズは最低1足、履き回しを考えれば2足はストックしたい。

ペガサス自体は既に37まで出ていて、シールドは36のものがある。ペガサスを33〜37まで履いてきた実感として、36よりも35の方がソールのクッション性が高い。

ペガサスに求めるのはクッション性なのであって軽さではない。雨の日はわざわざスピード出すこともないし、スピード出したければ他のシューズを。

撥水素材アッパー
靴紐も絞るタイプなので楽ちん。

シールドということで通常のものより通気性や重さは若干落ちるがそもそも優先すべきポイントが違うし気にならない。

残念なのはナンバリングが35なので古いから型落ち価格で手に入るだろうという目論見だったのだが、Amazonも楽天もほぼ定価か並行輸入品でアホみたいに高いではないか。結局某フリマアプリで購入してしまった。。。

とはいえ実用性は非常に高いので防水スプレーと合わせて導入はオススメしておきたい。

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください