ギリギリの余裕

ギリギリの余裕

10/22(土) コバトン練習会@福祉村

3.5km jog
福祉村3周5.4km 19’31 3’34/km
ヴェイパーフライ N%
2km 4’07/km
3.5km 5’37/km

土曜日恒例の越谷駅伝に向けたチーム練習会。
なんだけど、集まったのが俺と故障してるシンくんの2人だけで走ったのは俺だけw

なので「キツいけどなんとかこなせるギリギリ」を実施。
感覚としては狙いどおりの状態でこなせたけど、お腹のサシコミ的な意味でもギリギリだった。

ちょっと前から3’30/km前後のスピードを続けようとするとサシコミが来てしまうのに困っていて、余裕のあるペースなら問題ないけど、前述のような「キツいけどなんとかこなせるギリギリ」を超えたときに頻発している。

こういう感じの練習は今日を除けば過去まだ3回ぐらいだけど100%起きてるw

どういう仕組みでこの腹痛が引き起こされてるのか全然わからないけど、余裕度が上がれば起きないような気はしている。今はとにかく余裕が無い。

この冬は10kmを超えるレースにはおそらく出ないので、テーマとしては「このペースで長く走る」というよりは、「距離は変えずに、余裕を保った上で少しずつペースを上げる」という感じだろうか。

中距離→フルマラソンに移行するときはまだ理解するし許容もするんだけど、1500m→5000mに移行するときですらレベル1に戻っちゃう感じなのが納得いかないw

でも今痛いところが無く走れてるのでそこはヨシ。駅伝まで楽しんで仕上げていきたい。

久しぶりにオススメ品の記事も書いたよ。

オススメ品

TRAN ランニングウエストポーチ

TRAN ランニングウエストポーチ

走るときには常にスマホを持っている。
競技志向でそういう人は少ないようなイメージがあるし、俺も以前はそうだったけど、今そうでないのには理由がある。

  • 緊急時:自分自身や家族に何かあったときすぐに連絡は取れた方が良いよねという話
  • コバトン:埼玉県民専用のコバトン健康マイレージアプリで、歩数に応じてプレゼント応募ができる

コバトンアプリは過去に500円Quoカードが何度か当たっている。わりかし当選率が高いのと、野菜詰め合わせなどの魅力的な賞品もあるので歩数を重ねるモチベーションが高い。なお、良くも悪くもスマホ本体の歩数計測にしか対応しておらず、GARMIN等GPSウォッチでの計測データが無視されるので、スマホ本体を持ち歩く必要があるのだ。

コバトン健康マイレージアプリの賞品
2022年9月末抽選ではオリジナルグッズなるものに当選していたが10月時点で内容が不明w

というわけでスマホが手放せないのでランニング用のウエストポーチも手放せないわけだが、今まで使ってたやつは以下のような問題点があった。

  • 走ってるうちに緩む
  • ウェアが擦れて痛む

そんなときに探し当てたのがTRANのウエストポーチ。

前述の問題点はすべてクリアできていて、まったく緩まないのでウェアが擦れる心配も無い。また、スマホが中でブレることも無いのでスマホ自体の重さ(iPhone12 miniだから軽い)もあろうけど身につけてること自体を感じなくなる。快適な歩数稼ぎランニングが捗る。

伸縮性がどれだけもつか、という心配が無くもないけど、購入から2週間経過して週6日使って洗濯してるけど今のところは問題なし。もう少し使いたおしてから追記したい。

価格は変動はあるようだけどだいたい2,000円前後。記事書くぐらいなので大成功だと思っている。オススメ。

購入する

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください