エネルギーを入れて出す

エネルギーを入れて出す

1年ちょいぶりぐらいに会ったけど元気そうでよろしい。

11/18(金) ランナー飲み会

ロードレースのシーズンが始まって週末は各地でフルマラソンをはじめ各種レースが行われるようになった。Twitterにはレース結果報告が溢れ、コロナ禍を経て久々の光景のような気がしている。

ということでフルマラソン走った皆さんのお疲れ様会が企画され、俺はフルマラソン3年走ってないけど呼んでもらえたので行ってきましたw

トリキ

1次会は鳥貴族。行ったことがないわけじゃ無いけど少なくとも5年は行ってない気がする。

3500円で食べ放題もついてアルコールの不得意な俺でもひたすらお料理を楽しめる。話が盛り上がって他の人が頼んでくれた焼鳥や唐揚げを無限に食ってた感じなので、次は他の料理も頼んでみたい。

トリキ良かったw

OKEI BREWERY

梨風味で飲みやすい

2次会は日暮里のOKEI BREWERY

1年前に走るのをお休みした消し亭がいるビアバー。最近やる気が戻ってきたみたいでまた走るとのこと。お腹だけぽっこり出てたけどまあ続ければすぐ戻るやろ。

また皇居30kmとかやるようになったら俺もフルマラソン復帰するかあ?

お店のロゴにも使われてるグラサンが提供された

ビール苦手だったけど出してくれたやつは梨風味で苦味が抑えめで飲みやすい!

初めての人ともお話できて楽しかった。エネルギー注入!

11/19(土) 駅伝練習会@福祉村

2日前の練習で3’42/km 6kmで潰れてしまい、更に両脚の大腿四頭筋に筋肉痛まで出てしまっていて、朝ちょっと行くかどうか迷ったけど、前日に注入されたエネルギーでなんとか奮い立たせてGO

3.5km jog
6.4km jog(含ナガシ)
1200m×4 r400m 4′
3’55 – 3’57 – 3’53 – 3’51
3.3km jog
👟ヴェイパーフライN%

チームのメニューとしては1250m×4なんだけど、福祉村の1250m地点はあくまで外側の硬い路面を走った場合の距離で、内側の柔らかい路面だとどうしても距離が短くなる。

硬い路面はあまり走らないようにしていて、GPS計測の1200mゴールと福祉村の1250m地点がそう変わらない(20〜30m)ので、記録計測も1200mにしておいた。

1人でやる1200mインターバルだとr630m 3’30が通常なので今回はリカバリーの難易度が下がる…はずだけどまあキツイキツイ。

今の状態を考えればギリギリできる絶妙なリカバリー設定だった。

前日に注入してもらったエネルギーを全て使い切って午後は抜け殻と化して土曜日終了/(^o^)\

オススメ品

ロジクール トラックボールマウス MX Ergo

ロジクール トラックボールマウス MX Ergo

通常のマウスだとデスクの端に到達したときにわざわざ本体を持ち上げて移動させるのが煩わしい

というところから始まった俺のトラックボール生活。気づけば10年以上のトラックボールユーザー。使う場所を選ばないトラックボール最高である。

何年も使っているM570の1台がとうとう故障してしまったので後継機を買うか上位モデルを買うか悩んだ結果、毎日使うものだし・・・と上位モデルに手を出してみた。

ボールの感度も回しやすさも問題なく、ストレスフリーで操作できる。MX Ergoのウリの1つである20°の傾斜角度。これも絶妙で腕のねじりが軽減される。

正面から見るとわかるが金属のプレートが付いていてボディ側の磁石でくっつくようになっている。このプレートがいい感じの重量もあって、動かす必要の無いトラックボールをよりどっしりとさせている。

プレートは取り外せるし取り外すと軽くなるので持ち歩きにも便利かな、と思ったけど、取り外した状態だと本体が安定せずグラグラしてしまう。チョイ重だが持ち歩くときはプレートも一緒に。まあそもそもトラックボールは持ち歩くことはあまり考慮されていないものだろう。

乾電池式からバッテリー式に変わっているので、バッテリーの持ち具合が少し心配になるところだが、それは長く使ってみてからまた追記していきたい。

また、このマウス1台でPC複数台にまたがって操作できるらしいのだが、今はPCが1台体制なので増えたときに追記する。

20°の絶妙な角度
20°の絶妙な角度
手を置くとこんな感じ
手を置くとこんな感じ
購入する

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください