駅伝試走会とたんおめ

駅伝試走会とたんおめ

オトン74、おばーちゃん86!

写真は姉が撮ったのを拝借。

11/27(日) 越谷駅伝試走会

1〜3区 約16km
4区トライアル 3.1km 10’21 3’21/km
3’22 – 3’22 – 3’20 – 16″
5〜6区 約7.3km
👟ペガサス38
👟ヴェイパーフライN%

恒例の越谷駅伝試走会、と言っても開催は3年ぶり。とりあえず毎回の勝手なノルマで全区間走ってきた。トータル26kmぐらい。

マラソンの予定が無いので最近こんな距離を走ることも無く、jogペースでも疲労は重なる/(^o^)\

トライアルの4区では3日前の3’30/km PRの疲労もあったので余裕を持って進めて最後だけチョイ上げ。ついでに途中に車が来て道路横断できずに一度完全に止まってるのでヨシとしよう。

調べたら過去2回の試走は3’14/km、3’18/kmと今回よりも速いけど、いずれも最初から突っ込み気味で最後にスパートをかけてるので状況はだいぶ違う。

本番は来週12/4で区間は1区の5km。

ずっと北上するコースなので風の状況にかなり左右されそうだけどなんとか16分台ではつなげたい。

過去数回、駅伝当日にうまく走れた記憶が無くて自分の中でジンクス化してしまっている。ジンクスをやぶりたい。

たんおめ会

合計26km走って半分滅びた状態だったけど、11/23にオトン、11/24におばーちゃんがそれぞれ誕生日だったので実家でたんおめ会。

おばーちゃんは金沢から実家近くに引っ越してきた。いろいろうまくいくといいなあ。

みんな元気そうでよかった。

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

IRONMAN CLUB ピラティスポール IMC-54

IRONMAN CLUB ピラティスポール IMC-54

対腰痛アイテム

ピラティスポール(ストレッチポール)は、自分にとって腰痛の治療アイテムである。

ダッシュやバウンディングなどの負荷が高めの運動をした翌日なんかに腰痛を発症することが多くて、かつてやっとの思いで獲得した福岡国際マラソンの資格も、この腰痛が始まりで棄権せざるをえなかったときもあった。

今でも腰痛はおきるけど、このポールがあれば大丈夫。

ヒザを上下に動かして仙骨まわりを伸ばす!!
ヒザを上下に動かして仙骨まわりを伸ばす!!

長く同じ姿勢を続けて仙骨まわりが固まると痛みが出るので、可能な限り頻繁にポールに乗る。頻繁に乗る。

乗ったら両膝を曲げて両カカトを合わせるような形にして、その状態でヒザを上下に動かす。これにより仙骨まわりの筋肉(なのか関節なのか)をストレッチしていく。

両ヒザを床に向けて動かしたタイミングで仙骨が前に押し出されるような感覚で繰り返す。

と、いい感じになった。

だいぶ前から持ってるんだけど記事にするのを忘れてて、

  • 2021年2月23日:バウンディングする
  • 2021年2月24日:朝腰痛発症→朝・昼・夜に3分ずつポール乗る
  • 2021年2月25日:痛みほぼ消失

ちょうどこんなことがあったので書いた。

腰痛にはピラティスポール(ストレッチポール)!!

※個人的にはストレッチポールと呼んでるんだけどAmazon上の商品名がピラティスポールなのでやむを得ず併記

※記載の内容は個人の感想ですw

Twitterでフォローしている方が「腰痛」というワードを出した瞬間にこのページのURLをリプするBOTになるぐらいにはオススメしている。

購入する