一眼レフカメラとスマホ

一眼レフカメラとスマホ

カメラでの撮影は楽しい

散歩しながらNikon D60で撮影。地元民に餌付けされているであろうネコは人慣れしまくっていて望遠レンズが無くても近くで撮らせてくれるのが嬉しい。ネコかわいいよネコ。

もちろん花や肉は寄って撮れるので数撃ちゃいくつかいい感じに撮れている。

自然なボケ感がサクッと撮れるところが一眼レフの大きな特徴だと思うけど、暗い場所でのノイズの発生や明度差が大きい場所での色の階調表現など、細かい点で今のスマホよりも(まだ)優れている点は多いと思う。

逆に言えば、以下のようなシーンでの撮影の場合、スマホと一眼レフカメラであんまり差は出ないかもしれない。

  • 風景全体など、特定のものにフォーカスしない写真
  • 晴天の昼間で、明るい場所と暗い場所が混在しない

スマホの場合は物理的にセンサーサイズを大きくすることができない(らしい?)ので、上記のようなノイズや階調表現の弱みをAIによる補正や後付の加工でカバーしているのだと思うけど、いずれセンサーサイズが大きなものが出てきたりするのか、加えてAIの補正がもっと進化して、どんなシーンや条件でも、一眼レフとも差がない(あるいは、安いモデルとの比較であればスマホの方が上の)レベルの写真まで撮影できるようになるのか?

AIノイズ低減

カメラやスマホ側の機能ではなくて、レタッチソフト側の話。

たまたま薄暗い時間帯に近所でツツジ撮ったらかなりノイズが乗ったのが撮れたんだけど、AdobeのCamera RAWに「AIノイズ除去」ていうのが最近できたっぽいので試してみた。

ノイズの除去前・除去後

拡大するとよくわかるんだけどこれはスゲー。特に暗い場所に注目すると、ザラザラしたノイズがほとんど目立たなくなって滑らかな感じになっている。

特にスマホで撮影すると一眼レフカメラと比較してセンサーサイズが小さいから、暗い場所での撮影にはノイズが乗りまくるんだけど、これを使えばだいぶマシになりそう。

撮影はレタッチも含めて楽しみたい。

ついでにスマホ望遠レンズも楽しい

一眼レフカメラの望遠レンズはまだ入手してないので、散歩のときはカメラと一緒にスマホ用の望遠レンズを持ち歩いている。

4/23(日) 福祉村

次は走る話。

3.5km jog
ドリル
100mナガシ×2
1200m×3 r630m 3’35
3’57 – 3’51 – 3’45
3.5km jog
👟ヴェイパーフライN%

レース1週間前ということでほぼ最後の高強度練習。
設定としては3’20/kmを切って、いつもは4本のところを3本にして余裕を持って終わらせたいところだったけど、1本目からリカバリーが3’30をオーバーしてしまうなど、あまり余裕がなくてちょっと力を使いすぎた感もあった。

  • 寝起き
  • 休日なので人が多い
  • 後半600mが強い向かい風
  • 眠い
  • 眠い
  • 眠い

という条件()を加味すればまあボチボチといったところ。

気持ちが乗るまでに時間がかかるランナーになってしまったけどレースまであと1週間。
楽しく走れますよーに🙏🙏🙏

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

オムロン コードレス 低周波治療器 HV-F602T

オムロン コードレス 低周波治療器 HV-F602T

俺はケガをしまくる。

整骨院なんかは結構行ってたけど、回数がかさめばそれなりに費用もかかるし、何より予約が面倒だったり予約無しのところでも待ち時間が面倒だったり・・・

セルフケアでできることを増やせないかなー、と思ったところで買ったのがコレ。

「マイクロカレント」という微弱電流で治癒を促進・・・なんだけど微弱電流なので治療してる感がなくて結局低周波に切り替えたりしているw

体質なのかなんなのかわからんけど、整骨院で低周波当てると翌日筋肉痛がかなり来てたりするんだけど、これも同じように筋肉痛になったので効果としても同じだろう(雑な判定)

パッドは消耗品で30回使ったら買い換えろみたいな表示が出るんだけどゼリーもセットで買っておいて、パッドについてるゲルが薄れて電流が弱くなってきたと思ったらゼリー使えばだいぶもつ。買い換えろ表示はパッドに限界が来るまで無視

痛くないときも使って予防。痛いときも使って治療。

相変わらずケガはしてしまっているので説得力は無いけど、こういうのはきっと積み重ねだ!

購入する