ちっちゃいどー [2]

ちっちゃいどー [2]

[1] の続き。

前日利尻島に上陸してまさかのディナー難民となったわけだがセコマのオニギリ美味しいので問題は無かったw

さて北端旅行2日目のミッション:

8/15(火) 利尻島1周

約63kmということでさすがに走るのはしんどいがチャリならいける。
ということで RISHIRI ACTIVITY さんにてバイクレンタル。

沓形(くつがた)を拠点に時計回りでスタートした。

利尻島
現在地が沓形(くつがた)時計回りで1周する。

先に出しちゃうけど走行中の動画まとめ。海と岩と山がずっと見れて楽しかった!

10km行く前ぐらいで既にケツが痛い。普段乗り慣れていないせいもあるかもしれないけどとにかくケツが痛い。

景色は最高だ。海と、岩と、そして島の中心にある利尻山が常に見える。

ペシ岬

15kmほど漕いでペシ岬到着。モリッと隆起した見るからに急勾配の丘を登る。標高90mぐらいあるらしい。俺は高所恐怖症だ。きつい。

俺はこの旅の中で一番怖かったのがこのペシ岬だった。(嫁氏は違う模様)とにかく勾配が急なのと、しっかりした柵があるわけでもないので「ちょっと間違えると死ねる」みたいな状況にとにかく弱い。こわい。

頂上ではなんとかガマンして記念写真でも・・・と思ったら、見たこと無いレベルの羽アリの大群。写真を拡大するとわかるけど、大群すぎて顔にも平気で何匹も止まってくる。無理。即撤退。

姫沼

ケツが痛い。

周回の道を一時的に逸れて姫沼へ。斜度14%の坂を2kmぐらい登らなくてはならずなかなかハードだった。ギヤを一番軽くすればなんとかいけたが、借りたバイクの個体の問題なのかギヤを一番軽くすると頻繁にチェーンが外れる。姫沼までに3回外れたのがハイライトw

オタトマリ湖・白い恋人の丘

ケツが痛い。

オタトマリ湖は周回の道沿いにあるので人も多め。セグロカモメが大量に飛んでてアオサギもいた(撮りのがした)。アイス食って休憩したのちにすぐ近くの白い恋人の丘に向かったけど、丘だけに坂がまたキツかった。名前のとおり白い恋人のパッケージに使われてる利尻山の写真をここから撮影したということらしい。

ステージ終盤

ケツが痛いwww

なんかもう笑えないけど笑える。とにかくケツが痛い。痛すぎてケツがサドルに触れられないので立ち漕ぎするしかない。

後半はあんまり観光地的なところが無いので、オタトマリ湖超えたらチャリをバスに乗っけて帰ってきちゃう人も多いです、みたいなことも聞いたけどずっと楽しい。

利尻島1周ゴール
ゴール!おつかれ!ケツ痛い!!
利尻島1周記録
だいたいキロ4

リカバリー

前日ディナー難民からの60kmチャリ行ということで、前日から当日の夕方に至るまでセコマのオニギリしか食えなかったのでここはなんとしても利尻島のグルメを味わいたい。そのうえ利尻応援宿泊プランなるものを利用していたため、前日分のグルメ券が余っているのだ。さあいくぞ!

1次会 凡天

2次会 UNBALLON

メニュー撮影するの忘れたのと、ぐるナビとも載ってるメニューが違うっぽくて名前がわからない。

とにかく食った。

というわけで最高。

次回やるときはケツの痛み対策をなにか考える必要がありそうw

利尻島 沓形の提灯
提灯いい感じだった。

[3] につづく。

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

ドクターエア エクサガンハイパー REG-04

ドクターエア エクサガンハイパー REG-04

セルフケアをもっと習慣化したい

というのはとても良くわかっているのだけど、自分自身の筋肉が硬すぎるのもあって、セルフマッサージするのも力を入れなきゃいけなくてとっても大変なのである。で、結果セルフケアは疎かになる。

ロールとかバーとかマッサージプレートとか、セルフケア用具も色々持ってるけど、なかなかどうして使用頻度が落ち気味になってきてしまう。めんどくさいのだ。結局故障してからケアしなきゃー・・・みたいなことを繰り返すのである。

めんどくさくない

で、このエクサガンハイパー。一部で流行りのマッサージガンというやつだけど、サイズが小さいし軽い。どこにでも持っていける。このハンディサイズというところが非常に大きいと思っている。

んで小さいボディの割にはパワーもあって狙った部位をガッツリほぐせる。

めんどくさくない、というのが一番のポイントだ。自分の中ではセルフケアツールの決定版的な評価をしている。

うおおおおおおおお

これならセルフケア習慣化・・・できるかな!できるよな!

購入する