大きなおつまみ

大きなおつまみ

5/28(火) 家でバイク

バイクLT 7’×3 r3’30

心拍160オーバーを維持することを目安にやってみてるけど、ちょっと負荷が重すぎて後半の回転数が極端に落ち気味になっちゃうのと、正直キツすぎて憂鬱になってしまうw ので今回はスピンバイクの負荷を少し下げた状態にしてみた。そのぶん回転数を上げていかないといけないんだけど、1回転あたりの負荷は低い。

心拍はまあまあ狙い通りに上げられたのと、体感のキツさも若干マシ・・・かな・・・?とはいえやっぱり好きな練習ではないので外走りたいよねw

さて本日の本題。

おつまみさん

最近よく見るアオサギにおつまみさんという名前が(勝手に)ついている。アオサギはデカいのだがエサを求めてやってくる用水路にはどうやら今の時期おつまみサイズの小魚しかいないのか、延々と小魚をヒョイヒョイ捕まえて食べていたからだ。

小魚を捕まえるアオサギ
おつまみさん

で、今日は仕事が早出からの早上がり。夕方髪切ってから帰る途中におつまみさんに遭遇した。

ゴミ咥えてる?

藻とナマズを咥えるアオサギ
なんかゴミいっぱい咥えてない・・・???

最初見た角度だと藻しか見えなかったので、なんでそんなもん咥えてるのかよくわからなかった。

藻とナマズを咥えるアオサギ
魚か!!!

向きを変えたらわかったのが腹が黄色い魚。かなりデカい。
そしてなんかクビの角度がおかしい。クチバシの下部分がクビにくっつくぐらい急角度に曲がっている。

ナマズ?

そして飛び上がって場所を変えたと思ったら、うまいこと藻を取り除いて魚だけ咥えてる。
依然としてクビの角度はおかしい。

ナマズを咥えるアオサギ

なんか咥えてる魚にヒゲが見える・・・ナマズか?

そしてクビが急角度に曲がってるのは多分ナマズ(?)が重すぎるから。
クビを急角度に曲げて盛り上げて、クチバシを支えているような感じがする。

アスファルトで…

ナマズを咥えるアオサギ
ちょっとだけ飛んで場所変えてうんこしてたw

アスファルトに着地するのはだいぶレアなんだけどめちゃくちゃ重たいであろうナマズを咥えたままビシャッて白いの出してたw 情報量が多くて笑うからやめてwww

見られてると気になる

飲み込むかなー飲み込むかなー、と思って観察してると、遠くにはいかないもののちょっとだけ飛んで場所を変えるので、やっぱり俺が見てるのはちょっとイヤらしい。そりゃそうか。

ナマズを咥えるアオサギ
ナマズを咥えるアオサギ
ナマズを咥えるアオサギ
ナマズを咥えるアオサギ

アオサギは体重が1.5~2kgぐらいしか無いらしい。ナマズがどんだけの重さなのかわからないけど100g以上はありそうよな…?

というわけで

アオサギのおつまみさんが大きなおつまみをゲットしたお話でした。撮れ高ヨシだったので思わず記事にしてしまった。

最近はマニュアル設定で撮影してて、後半はシャッタースピード1/3200で撮った。羽がブレにくくなるけど光が足りなくてノイズが増すし細部の描写もイマイチになるなあ、ということがわかってきた。今のカメラ(+レンズ)のできること、できないことや得意不得意を理解すると、もっといいものが欲しくなってくるね。

そして、

夕方家の近所をカメラ持って鼻息荒くうろつく40代男性。不審者情報とか通報されませんように🙏🙏🙏

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

ロジクール トラックボールマウス MX Ergo

ロジクール トラックボールマウス MX Ergo

通常のマウスだとデスクの端に到達したときにわざわざ本体を持ち上げて移動させるのが煩わしい

というところから始まった俺のトラックボール生活。気づけば10年以上のトラックボールユーザー。使う場所を選ばないトラックボール最高である。

何年も使っているM570の1台がとうとう故障してしまったので後継機を買うか上位モデルを買うか悩んだ結果、毎日使うものだし・・・と上位モデルに手を出してみた。

ボールの感度も回しやすさも問題なく、ストレスフリーで操作できる。MX Ergoのウリの1つである20°の傾斜角度。これも絶妙で腕のねじりが軽減される。

正面から見るとわかるが金属のプレートが付いていてボディ側の磁石でくっつくようになっている。このプレートがいい感じの重量もあって、動かす必要の無いトラックボールをよりどっしりとさせている。

プレートは取り外せるし取り外すと軽くなるので持ち歩きにも便利かな、と思ったけど、取り外した状態だと本体が安定せずグラグラしてしまう。チョイ重だが持ち歩くときはプレートも一緒に。まあそもそもトラックボールは持ち歩くことはあまり考慮されていないものだろう。

乾電池式からバッテリー式に変わっているので、バッテリーの持ち具合が少し心配になるところだが、それは長く使ってみてからまた追記していきたい。

また、このマウス1台でPC複数台にまたがって操作できるらしいのだが、今はPCが1台体制なので増えたときに追記する。

20°の絶妙な角度
20°の絶妙な角度
手を置くとこんな感じ
手を置くとこんな感じ
購入する