意識の問題

リリース自体は無事に終わったものの。

ある画面のレスポンスが劣化してて、
正直なところ俺は、
「言われたら直せばいいかな」
ぐらいに思ってた。

上司に報告してみると
(そもそも自発的に報告する気はあんまり無くて、他の人づたいに伝わったようなもん)

大噴火。

それが「おかしい」ことにどうして気づかないのか?
サービスの品質を何だと思っているのか?

言われてみればごもっとも。
そもそも「言われるまで気づかない」時点で、
残念ながら軽く終わってるみたい。

「ホントにダメだなあ」

という言葉が強く突き刺さった。
ホントにってことは、少なからず普段からダメだって思われてるわけで。

あと2時間後にレスポンスの改善対応開始。
上司2人が出社して対応。
俺は自宅で動作確認。

実家でカレーが待っていたのだけど、断りました。

ホントに、申し訳ない。

諦めたりはしないのだけど、

変わらなきゃいけないのはわかるのだけど。

詰められるのは俺だけじゃなくて、
他のメンバーも詰められる。
俺のせいで詰められる。

パートナーさんだから、
きっとパートナー会社としての質を問われる。

「あなたは一生懸命やってくれたじゃないか」
と俺が思っていても、
俺のせいで詰められる。

俺だけが詰められるのよりも、つらい。

なんてこったい。。

2 Comments

hiyoro

OK対応完了。
おつかれちゃんorz
この後yセンパイと練習して、
夕方からo氏の結婚式2次会!
なんてステキな日曜日(゜∀゜)
その前に寝ないと死ぬw。

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。