ちっちゃいどー [5]

ちっちゃいどー [5]

[1] [2] [3] [4] の続き。旅の5日目、礼文島の北側を歩き倒す。

8/18(金) 礼文島 岬めぐりコース+α

朝食をいただいてから礼文島の北端にあるスコトン岬にバスで向かう。
バスの来る場所を勘違いしていて危なかったw

こちらの岬めぐりコースに沿う形で3つの岬をめぐって、+αで歩いてバスに乗る。

スコトン岬は礼文島の北端ということで日本の「ほぼ」北端でもある。宗谷岬のほうが若干緯度は高いようだけどそう変わらんやろw

スコトン岬~ゴロタ岬

この日の目的はしゅごいしゅごい言いながらキレイな景色を楽しんで歩くこと。しょっぱなからしゅごい。島自体が大きくないので人里からちょっと離れるだけで自然オブ自然。

ゴロタ岬~澄海(すかい)岬

若干急勾配で怖いところを通りつつゴロタ岬…に着いたけどガスってて何も見えないのでほぼスルーw これは仕方がない。

雲の動きが早くて、さっきまで晴れてたかと思えば突然ガスに包まれて50m先が見えなくなったりする。

ゴロタ岬から澄海(すかい)岬までの道程は、RPGでフィールドを歩くパーティ的な絵がたくさん撮れてとてもよろしい🥰🥰🥰

気持ちは高まり中二病の再発を体感するw

澄海(すかい)岬

礼文島 澄海岬
澄海岬

着いたぜ澄海岬。めちゃくちゃキレイだなーと思ってパシャパシャ写真撮ってちょっと休憩して、んじゃ次行きますかってときに晴れてきた。なんかめちゃくちゃ明るくなったし海も色鮮やかになったような・・・?

ねえねえもう一回澄海岬戻っていい?

戻った。

礼文島 澄海岬(曇り)
澄海岬(曇り)
礼文島 澄海岬(晴れ)
澄海岬(晴れ)

もっとめちゃくちゃキレイ(語彙力)やんけ!!!戻ってよかった。しゅごい。

久種(くしゅ)湖

岬巡りコースは澄海岬のあとは久種湖の手前の浜中でバスに乗って帰るようなルートなんだけど、旅はもう少し続く。澄海岬を過ぎて久種湖までの道は舗装されたエリアのみ。このあたりからギンギンに晴れてきてカオが痛い。

が、景色は最高だ。許す。

久種湖で走れたら走っていいよ、と言われたけど、前日の台風通過で久種湖周りの道はぐちゃぐちゃ、かつ虫がめちゃくちゃいるので休憩もままならない。

歩いててなんかふくらはぎ痛いな???と思ったら3匹ぐらいアブみたいなのが止まってて、オワアアアアアアアつって払ったら血がついてた。大きさ2〜3cmあったからアブやろな…🫠

足早に久種湖を後にしたけど、アオサギがたくさんいた。地元でも親しみのあるトリはここにもいたのだ。あいつら草むらにそのまま埋もれてれば存在にすら気づかないのに人間にビビって突然草むらから飛んで逃げるからこっちもびっくりするw

東側バス停へ

北西部の山エリアから北東部の海沿いまで降りてきて、そろそろ疲れてきた!久種湖を過ぎてあとは「どこかのバス停でバスに乗って帰る」なんだけど、バスの本数はもちろん少ないので、バスのルートに沿って発着時間に近づいたバス停まで歩く。

彩の境界

ふと海を見ると、晴れのエリアと曇りのエリアでくっきりと色が分かれていた。なんだこりゃしゅごい。

Pixel5で撮ったやつ

礼文島 晴れと曇りの境界線

Nikon D60で撮ったやつ

礼文島 晴れと曇りの境界線

正直言ってPixel5で撮ったやつのほうが映えてた。一眼レフでは境界にフォーカスしすぎて逆にどういう写真なのかがわかりにくくなった感じがする。

これ単純に空にある雲の切れ目というよりは、雲と霧が一体になった塊の切れ目という感じなのかなあ。こんなの初めて見た。
太陽の光は世界に彩りを与えるのだな。

そして惜しいことに写真撮るのに夢中で動画撮り忘れた。一生の不覚/(^o^)\

よく歩いた

かもめ荘

北端旅行最後の夜はかもめ荘。宿の目の前が海で、波の音とカモメ軍団の鳴き声が心地よいBGMとなった。

8/18(土) さらば礼文島、さらば北海道

フェリーと飛行機を乗り継いでサイタマへ帰る。

礼文島から稚内へフェリーで帰る
かえりたくないw

↓帰りの飛行機の中。2枚目が動画。

20℃前後の世界から突然36℃。もうやだw

丸源ラーメンで締めて日常への帰還に腹をくくった。

コメント

コメントを投稿

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ品

Co-Goods スマホカメラ望遠レンズ

Co-Goods スマホカメラ望遠レンズ

百聞は一見にしかずということで、以下、実際に使用して撮影できたもの。なおスマホはiPhone 12 mini。

だいたい20〜30m先の対象をかなりアップで撮影できる。スマホ側に光学ズームが付いていれば更にズームできる。細部の輪郭がどうしてもブレやすかったり虹っぽい色になっちゃうのは安さ(購入時約2,500円)なりで、散歩にちょっと持ち歩いて、普段なら近寄らせてもらえない動物を撮影するのには十分!値段以上の価値を感じることができた。

Amazonでは似たような商品が乱立していて、どれを買えばいいかわからないし失敗したくない…ということでかなり時間をかけてリサーチした。辿り着いたこの商品は、紹介文の日本語がしっかりしていて(これ大きい)、販売元が岡山の会社だったので信じてみることにした。

結果、アタリだったと思う。

(↓2枚目と4枚目が動画)

望遠ゆえに動画だとブレが出やすくなるが、手ブレ補正が付いてるスマホなら解消できるのかもしれない。

一眼レフカメラを買うには値段もアレだし重さやお手軽さがちょっと…という点を見事すぎるぐらいにカバーしてくれたと思う。

対して撮影が難しいのが夜間。

iPhone12 miniだとナイトモードで撮影できるのだけど、ちょっとでも動くとブレた写真になってしまうので、三脚使ってスマホを固定した上で、更に動かない対象(例えば月とか星)の撮影ならいけるのではないかと思う。

2024/04/09追記

検索で流入してくれる方が意外と多いので追記。
2023年にたまたま古い一眼レフカメラを譲り受けて(その後一眼レフ用の望遠レンズも買ったw)しまったため、今現在はこの商品を使ってはいないのだけど、

  • 野鳥の撮影ちょっとやってみたい
  • でもお金あんまりかけたくない

みたいな人には2,500円前後で買えてスマホがあれば試せるのでピッタリで、さすがに一眼レフと比べちゃうと画質に格段の差があるのでもうこれには戻れないけど、一眼レフに移行するステップアップとしては最適だったと思いました。オススメ!

購入する